【完全無料】Udemy講座を無料で返金してもらう方法(全講座30日間返金保証付き)

プログラミング
スポンサーリンク

おはようございます、こんにちは、こんばんは。ひよこです(@hiyoko_lets_go)。

Udemyをはじめたいけど講座が自分に合わなかったらどうしよう。

返金はしてもらえる?注意点や方法を教えて欲しい。

本日はUdemyの返金保証について、返金方法や返金申請時の注意をご紹介します。

結論から言うと、返金可能です。

しかし、「購入から30日以内であること」などいくつか条件があります。また返金方法も講座によって異なるため併せてご説明していきます。

こんな方におすすめ
・Udemyをはじめてみたい方
・Udemy講座の返金方法を知りたい方
・Udemyの優良講座の探し方を知りたい方

記事の信頼性

ひよこ
ひよこ

私は、大学時代にプログラミングを学び、PHPなどのWeb系言語からAIに用いられるPythonまで幅広く経験してきました。

今ではほぼ不労所得として月10万円以上の収益を継続的に達成しています。

Udemyとは?
Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、
世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービス。
豊富で多彩な講座が用意されており、講座数は15万以上
個人の学習ニーズに応じた学びをみつけることができます。
スキルアップを目指したい方におすすめのオンライン学習サービス

簡単1分!Udemyの無料登録はこちら>>

Udemyは『全講座』30日間の返金保証付き

Udemyでは、全講座が30日間の返金保証付きです。

納得のいく受講体験を届けたいというUdemy側の意思が伝わり、初学者でもはじめやすい制度になっています。

もちろん返金保証期間は定められており、購入から30日以内の返金申請が求められますので注意が必要です。

Udemyの30日返金ポリシー
Udemyの30日返金ポリシーは受講生の利益を保護するためのものであると同時に、講師を詐欺から守り、妥当な支払い日程を確保するためのものでもあります。購入後30日を過ぎると、受講料は講師に送金されます。したがって、返金期間終了後の返金申請に応じることはできません。(引用:Udemy公式HP
ひよこ
ひよこ

公式では「条件を満たすすべての講座」が返金保証の対象になると記載されていますが、返金保証外の講座を見たことがありません。

Udemy講座の返金方法

Udemy講座の返金方法は大きく2つあります。1つずつご紹介します。

Udemy講座の返金方法

  1. 購入履歴からの返金
  2. マイラーニングからの返金

A. 購入履歴からの返金

購入履歴から返金するまでの流れは以下の通りです。

  1. Udemyの購入履歴のページへ移動
  2. 返金を希望するコースを選択
  3. コースタイトル下の「返金を申請」をクリック
  4. 返金方法を選択
  5. 返金理由を選択、記載
  6. 送信

4.返金方法を選択」では、基本的に購入時と同じ方法での返金となります。しかし、一部Udemyクレジットでの返金になる場合があり注意が必要です(詳細はこちらで確認)。

Udemyクレジットとは?
Udemyだけで使用できる通貨。返金申請をした際にもらえるUdemy専用通貨で現金と同じようにUdemyの決済時に使用できます。

また、「5.返金理由を選択、記載」では以下の選択肢から返金理由を選びます。

  • コース教材が最新でない
  • 講師の教え方に改善が必要
  • 内容が難しすぎる
  • 内容が簡単すぎる
  • 今のところこのコースは自分に必要ない
  • Udemyプラットフォームに技術的な問題がある
  • 支払い方法を無断で使用された
  • 同じコースがもっと安い価格で売られていた
  • 請求金額が間違ってい

B. マイラーニングからの返金

マイラーニングから返金するまでの流れは以下の通りです。

  1. Udemyのマイラーニングから対象のコースへ移動
  2. 右上の三点リーダー(…)をクリック
  3. ドロップダウンメニューから「返金を申請」を選択
  4. 返金方法を選択(A. 購入履歴からの返金と同様)
  5. 返金理由を選択、記載(A. 購入履歴からの返金と同様)
  6. 送信(A. 購入履歴からの返金と同様)

    「A. 購入履歴からの返金」との差分は1.~3.のみで、おおよそ同じ流れで返金申請を行うことになります。

    どちらが簡単というわけでもありませんが(どちらも簡単です)、「A. 購入履歴からの返金」の方が、確認が簡単ではないでしょうか。

    実際に返金申請した感想

    Udemyの返金申請ですが、わたし自身利用したことがあります。その時の経験をお伝えします。経緯は次の通りです。

    1. セール時にUdemy講座を購入
    2. 講師の方の声や話し方がわたしには合わず、講座時間が長時間であったことも考慮し受講を断念
    3. 30日以内であったため返金申請を検討
    4. すぐに返金申請を実施(5分もかからずに実施できました)
    5. 返金申請を実施したその日の内にUdemyからメールにて返信あり
    6. 1週間以内に振込確認

    まず、わたしはセールの時にまとめて購入するので、この時も同じようにタイミングを見計らって講座を購入しました。

      購入前にプレビュー視聴をしていたのですが、講師の方の声と話し方がどうしてもわたしに合わず。。。2時間程度であれば我慢もできたのですがよりによって10時間ほどの長時間講座であったためやむなく断念しました。

      そして、返金保証期間以内であったため、返金申請を実施することにしました。多少調べて実際に申請が終わるまで5分もかかっていないと思います。

      すると当日の内にUdemyから「返金するね」という趣旨のメールが届きました。

      ひよこ
      ひよこ

      申請から半日程度が経った頃でした。即時対応!

      1週間後に確認すると、ちゃんと振り込まれていました。

      振り込まれるまでに数日(5~10日)のタイムラグはあるもののメールでの対応も早く丁寧なので安心して待つことができます。

      「1ヶ月後くらいかな」と思っていたので対応の早さに驚きました。

      実際に返金申請を実施した体験

      • 講師の方の声と話し方が合わず返金申請
      • 申請当日にメールで返信あり
      • 1週間後には振込完了

      返金時の注意

      Udemyの返金申請は簡単に行うことができますが、実は「返金されないケース」と「注意が必要なケース」があります。

      返金されないケース

      まずは「返金されないケース」です。

        返金されないケース

        • 購入から30日経過した場合
        • コースの購入と返金を2回以上繰り返した場合
        • 返金申請回数が多い場合
        • 返金申請前に「ダウンロード」をした場合
        • 公式サイト以外から購入した場合

        購入から30日経過した場合

        Udemyの返金保証期間は30日です。この期間を過ぎてしまうとどんな理由があれ、返金してもらうことは難しいでしょう。

        ひよこ
        ひよこ

        返金申請する可能性を考えて、購入後にはできるだけ早く受講することをおすすめします。

        コースの購入と返金を2回以上繰り返した場合

        同じ受講生が同じコースの返金を2回以上申請していると、不正とみなされ返金を拒否されてしまうことがあります(詳細はこちら)。

        返金申請回数が多い場合

        同じ受講生が返金を何度も申請している場合も同様に不正とみなされる可能性があります(詳細はこちら)。

        具体的な返金回数の基準は不明ですが、3講座/年程度であれば問題ないようです。

        ひよこ
        ひよこ

        返金申請は正当な理由がある場合に常識の範囲内で実施することを心がけましょう。

        返金申請前に「ダウンロード」をした場合

        受講生が返金を申請する前に、コースの大部分を視聴しているか、ダウンロードしている場合も返金拒否されてしまいます。

        「大部分」とはどの程度かまでは記載がありませんでした。返金拒否されないためにも講座に違和感を持った段階で受講を中止するようにしましょう。

        ひよこ
        ひよこ

        最初はダウンロードせずに受講した方がいいですね。

        公式サイト以外から購入した場合

        最後に公式サイト以外から購入した場合ですが、わたしが調べたところUdemyの公式サイト以外から購入する方法を見つけることはできませんでした。

        違法というよりは、Udemy講座を販売している企業からの購入など特別なルートが大半だと思いますが、その場合購入履歴など返金に必要な情報がUdemy側で確認できないことが原因だと思います。

        注意が必要なケース

        次に「注意が必要なケース」です。

          注意が必要なケース

          • iOSアプリから購入した場合
          • モバイルデバイスから返金を申請する場合
          • Udemyギフトの返金を申請する場合
          • 割引価格で購入した場合

          iOSアプリから購入した場合

          iOSアプリから購入した場合、現金での返金はできずUdemyクレジットでの返金になります。Udemyクレジットは再度Udmey講座の購入に利用できますが、意図した返金方法ではない可能性があるので注意が必要です。

          以下の方法で購入されたコースの返金は、Udemyクレジットのみで行われます。
          iOS (Apple): iOSからのお支払いはUdemyではなくAppleによって処理されます。そのため、AppleのApp Storeでアプリ内課金を使って購入されたコースは、現金での返金はできません。(引用:Udemy公式サイト

          モバイルデバイスから返金を申請する場合

          モバイルデバイスから返金を申請する場合、アプリを利用することはできず、ブラウザから申請を行う必要があります。

          Udemyモバイルアプリからは、返金を申請することができません。モバイルデバイスから返金を申請する必要がある場合は、ブラウザーでUdemyのモバイルサイトにログインし、購入履歴のページから返金を申請してください(方法については上記をご覧ください)。 (引用:Udemy公式サイト

          Udemyギフトの返金を申請する場合

          ギフトとして購入したコースの返金申請を行う場合は、サポートチームに連絡する必要があります。また、返金方法もUdemyクレジットとなるため注意が必要です。

          ギフトとして購入したUdemyコースの返金を申請する場合は、サポートチームにご連絡ください。ギフトの購入についても、返金ポリシーが適用され、いくつかの制限事項が適用されることがあります。あらかじめご了承ください。 

          ギフトの受取人から申請された返金は、Udemyクレジットで行われます。ただし、Udemyの30日返金ポリシーを満たしている場合に限ります。 (引用:Udemy公式サイト

          割引価格で購入した場合

          Udemyではセールやクーポンの利用が盛んです。セールやクーポンなどで定価より安く購入した講座の返金を申請する場合、購入した価格での返金となります。

          返金に関するよくある質問

          返金に関してよくある質問をまとめました。

          項番質問回答
          1返金申請の状況を確認したい。Udemy購入履歴の「返金」にて確認できます。
          2返金までの期間が知りたい。わたしの経験では1週間程度見ておけばおそらく大丈夫だと思います。

          お使いの金融機関によっては、返金額がお客様の口座に入金されるまで5~10日間かかる場合があります。返金申請から30日以上過ぎても返金されていない場合は、お手数ですがUdemyのサポートチームにお問い合わせください。

          3返金後に同一講座を再購入できるか知りたい。
          同一講座の再購入は可能です。しかし、返金ポリシーを十分にご確認ください。今後の返金拒否やアカウント停止にも繋がりかねないため、必要最低限に抑えることをおすすめします。
          4Udemyクレジットとは何か知りたい。Udemy内で使えるポイント。Udemyクレジットは次回購入時に自動的に適用されます。Udemyクレジットには使用期限もあるため、クレジットの使用履歴ページから確認しておきましょう。

          優良講座の選び方(4つのポイント

          ここまで返金申請について書いてきましたが、そもそも返金しなくていいようにあなたに合った優良講座を見つけることが大切です。

          優良講座を選び方としてわたしが実践している4つのポイントをご紹介します。

          優良講座の選び方(4つのポイント)

          • 受講者数とレビューを確認
          • 講師の経歴を確認
          • 同じ講師の別講座を視聴
          • 無料のプレビュー動画を視聴

          受講者数やレビューは重要な指標です。人気が高い講座はクオリティが高い傾向がありますし、レビューでは講座の良い点悪い点が書かれています。

          次に、講師について事前に情報を集めることも大切です。Udemyでは講師の方の肩書き(例:○○会社CEO)や経歴(例:○○大学卒、○○研究所など)を見ることができるため信頼性の有無を確認するといいでしょう。また、同じ講師の別講座(無料講座などあれば)を視聴すると講座の進め方や話し方が分かるのでおすすめです。

          最後にプレビュー視聴することです。Udemyでは冒頭部分の一部を無料で視聴することができます。ここの内容を見て最終的に購入するかどうかを判断するようにしましょう。

          ひよこ
          ひよこ

          この4点を抑えておくとあなたに合った質の高い講座を見つけやすいです!

          まとめ

          今回は、Udemyの30日間返金保証について返金方法や返金申請時の注意をご紹介しました。

          大切なポイントはこちらです。

          Udemy講座の返金保証

          • 30日以内であれば返金できる
            • 方法:購入履歴からの返金/マイラーニングからの返金
          • 対応は早くて安心できる
          • 返金されないケースや注意が必要なケースがある

          優良講座の選び方(4つのポイント)

          • 受講者数とレビューを確認
          • 講師の経歴を確認
          • 同じ講師の別講座を視聴
          • 無料のプレビュー動画を視聴

          Udemyでは13カテゴリ全ジャンルの講座が30日間返金保証付きで用意されています。

          Udemy自体わたしも利用しており優良コンテンツが豊富な学習サービスです。巣ごもり期間を利用してあなたもスキルアップに取り組んでみてはいかがでしょうか。

          簡単1分!
          Udemyの無料登録はこちら>>

           

          コメント

          タイトルとURLをコピーしました