【なぜ?】プログラミングスクールが完全無料の理由(メリット・デメリット、注意点)

プログラミング
スポンサーリンク

プログラミングで就職・転職したいけど、独学は継続が難しいしスクールは受講料が高い。高額な受講料を払うことなく、プログラミングスクールに通う方法はないかな。

こんな悩みにお答えします。

実は、高い受講料を払うことなくプログラミングスクールに通う方法があります。方法は大きく2つ。

  • 給付金制度を利用する(最大70%OFF)
  • 無料スクールに通う ⇐今回はこちら!

>>【格安】プログラミングスクールを最大70%OFFで利用する方法(答えは給付金制度)

 

本日は、無料スクールについてご紹介します。

この記事を読み終えると、プログラミングスクールが無料の理由や無料スクールのメリット・デメリット、注意点を知ることができます。

こんな方におすすめ!

・モノ作りやインターネットが好きな人
・手に職をつけて安定的に働きたい人
・将来的にフリーランスとして働きたい人

この記事の信頼性

ひよこ
ひよこ

私は、大学時代にプログラミングを学び、PHPなどのWeb系言語からAIに用いられるPythonまで幅広く経験してきました。

現在はデータサイエンティストとして大企業で活動しています。

また今ではほぼ不労所得として月10万円以上の収益を継続的に達成しています。

無料スクールの種類

プログラミングスクールの受講料が無料になるケースとして、大きく3つの種類が存在します。

種類詳細スクール例
1. 完全無料その名の通り完全無料のスクール。強いて言えば出費は交通費くらい。ProgrammerCollege
2. 転職できなければ無料有料スクールの転職保証。期間内に転職できなければ受講料が返金される。TechAcademy転職保証コース
ポテパンキャンプ
3. 転職できれば無料a)有料スクールの条件。紹介企業への就職で受講料が無料に。
b)無料スクールの条件。入学し就職できれば問題ないが、途中で退学した場合違約金が発生
AIジョブカレッジPRO
ひよこ
ひよこ

今回は、「1. 完全無料」のスクールについてご紹介します。どのスクールも無料説明会やキャリアカウンセリングを実施しているため、気になるスクールには積極的にアプローチしてみることをおすすめします。

プログラミングスクールが完全無料の理由

なぜプログラミングスクールなのに完全無料なの??

ひよこ
ひよこ

プログラミングスクールが完全無料の理由は、受講生を紹介することで就職先の企業から紹介手数料を受け取っているからです。

  • 企業:優秀なIT人材を採用できるかわりにスクールへ紹介手数料を支払う
  • スクール:企業から紹介手数料を受け取るかわりにスクールを運営し、人材育成を行う
  • 受講生:高額な受講料を支払うことなくITスキルを身に付けることができ、企業へ就職・転職できる

それぞれがWinWinの関係を作ることで、受講生にとっては完全無料であってもスクールを運営していくことができるのです。

無料スクールの注意点

でも、スクールが完全無料ならみんな有料スクールに行かなくなるんじゃないの??

ひよこ
ひよこ

そうですね。無料スクールは受講料がかからないというメリットがある一方で、気を付けるポイントがいくつかあります。ここでは無料スクールの注意点を見ていきましょう。

■無料スクールの注意点
 1.年齢制限はあるか
 2.違約金は発生するか
 3.カリキュラムが自分に合っているか
 4.自分のキャリアを考えられているか

1. 年齢制限はあるか

無料スクールに限った話ではありませんが、就職や転職に繋がるスクールの場合、年齢制限がある場合があります。

一般的には20代の第二新卒まで

30歳を超えるとスクール選びがかなり難しくなってしまいますので注意しましょう。また、近年新型コロナウイルスの影響もあり年齢以外に職歴制限が課せられるケースが増えています。

2. 違約金は発生するか

「無料」と記載されていても、条件付きの場合があります。

その例が、違約金です。

「プログラミングスクールが完全無料の理由」で述べたとおり、スクールは企業から紹介手数料を受け取ることで運営しています。したがって、受講生に途中で退学されてしまうと企業へ紹介できる人材がいなくなり困ってしまうのです。

また、受講料としては無料であっても入会金が発生するケースも存在するため、事前に説明会へ参加し懸念点はクリアにしておきましょう。

簡単30秒申込!本サイトおすすめの無料プログラミングスクールProgrammerCollege 無料相談はこちら>>

3. カリキュラムが自分に合っているか

無料スクールの場合、学べるプログラミング言語やコンテンツが指定されている場合があります。通常高額なスクール代が無料であることは大きなメリットですが、本当にあなたに適しているのかは十分検討しましょう。

例えば、今すぐ無料スクールで学習しなくても以下のような選択肢もあります。

  • 独学で学習し就職・転職する
  • 今の会社で実績を積み、IT転職する

スクールに通う方が独学よりも成長スピードがはやく、就職にも直結しますが、必ずしもスクールに通わなければいけないわけではありません。また、まずは今の会社で実績を積み転職へ繋げることもできます。

ひよこ
ひよこ

独学で学びながら関連資格を取得するなど、スクールに通わなくてもできることはありますしね!

4. 自分のキャリアを考えられているか

無料スクールでは就職先が制限されている場合があります。理由は先に述べたとおり、スクールは企業から紹介手数料を受け取っているから。

その結果、あなたの望む企業への就職は難しいケースがあります。

まずはスクールの就職実績を確認することが大切ですが、それ以上にあなたが今後どのようなキャリアプランを考えているかが重要になります。

スクールを卒業し就職できたとしても、そこで学習が終わるわけではありません。IT人材として活躍し将来的にはフリーランスを目指すのか、別の企業へステップアップしていくのか...

自分のキャリアを考慮した上で後悔のない選択を下していく必要があります。

無料スクールのメリット・デメリット

ここでははより具体的に無料スクールのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

項目有料スクール無料スクール
料金十数万~無料
期間1ヶ月~6ヶ月程度1ヶ月~
対象年齢20~30代中心20代中心
職歴未経験から条件がある可能性あり
(例:1年以上の実務経験など)
カリキュラム自由度が高い制限がある可能性あり
就職先自由制限がある可能性あり
その他転職保証、給付金制度など受講料の負担を軽減する仕組みあり違約金が発生する可能性あり

 

■無料スクールのメリット・デメリット
〇メリット
 ・受講料がかからない
 ・就職・転職をサポートしてもらえる
〇デメリット
 ・就職・転職が前提の場合が多い
 ・年齢・職歴制限がある場合が多い
 ・入会金や違約金が発生する場合がある
 ・学習内容が制限される場合がある
 ・就職先が制限される場合がある

上記にまとめた通りですが、いくつか補足していきます。

年齢制限について。無料スクールでは20代の第二新卒が中心となります。一方有料スクールは年齢制限がなかったり、30代までを想定している場合が一般的です。

有料スクールの転職保証
転職できなかった場合に全額返金される制度。この制度にはいくつか条件があり、年齢が30歳までの場合に適用されることが多い。つまり、30歳を過ぎると実質無料でスクールに通うことは難しくなるということ。

就職先について。無料スクールでは誰もが知っているような有名IT企業への就職は難しいです。無料スクールに限った話ではありませんが、紹介企業としてはSES企業や派遣企業が多くなるのが実情です。

SES(システムエンジニアリングサービス)
エンジニアを客先に派遣して労働力を提供する会社。SESは求人が多く転職しやすい一方で、下請け業務の割合が多く労働環境も悪くなりやすいという特徴があります。

コース変更について。無料スクールではカリキュラムがある程度決められており、学べる言語やコースに制限がある場合があります。スクールによりますが、一度コースを選択してしまうと変更ができないケースもあり得るため、事前の説明会にて確認するようにしましょう。

他の受講生について。現在は新型コロナウイルスの影響もあり無料スクールへ入ることも容易ではなくなっているためあまり危惧していませんが、有料スクールと比較すると他の受講生の質が落ちる場合があります(スキルというよりも意識の点で)

やはり高額なスクール代を支払ってでもスキルを上げて就職・転職したいと思っている方は総じて意識が違います。周り受講生とモチベーションが違いすぎると取り組んでいく上で障害になりかねないため説明会や体験を通じて判断するようにしましょう。

有料スクールも視野に入れた検討を

ここまで無料スクールの特徴やメリット・デメリット、注意点などを述べてきました。そこから分かるのは無料であることの代わりに年齢やカリキュラム、就職先などに制限がかかってしまうことです。

無料であるというメリットは大きいですが、有料スクールであっても給付金制度や転職保証制度など受講料を減額する(無償にする)仕組みもあるため、ぜひあなたに合うスクールを検討していただきたいと思います。

>>【TechAcademy】未経験からエンジニアを目指すエンジニア転職保証コース
>>【ポテパンキャンプ】Webエンジニア輩出No.1プログラミングスクール
>>【テックキャンプ】エンジニア転職
>>【格安】プログラミングスクールを最大70%OFFで利用する方法(答えは給付金制度)

\現役エンジニアとマンツーマンで話せる!個別の無料相談!/
TechAcademy キャリアカウンセリングはこちら>>

まとめ

今回は、無料スクールについて、無料の理由や注意点、メリット・デメリットをご紹介しました。

無料スクールに通うことで、高額なスクール代を支払うことなくスキルを身に付けられ就職・転職まで繋げることができます。

もちろん良い点・悪い点がありますので、あなたの目的や特性に適したスクールを検討いただければと思います。ただし、プログラミングスクールの主な対象は20代であり30代になると転職保証が付かなくなるどころかスクールに入ることすら難しくなってきます。

自明ですが「今が一番若い」のです。

迷った結果行動しないくらいなら、行動しながら考えてみてもいいのではないでしょうか。一緒に素敵なプログラミングライフを歩みましょう。

迷っている方には簡単30秒申込!本サイトおすすめの無料プログラミングスクールProgrammerCollege 無料相談はこちら>>

 

■無料スクールの注意点
 1.年齢制限はあるか
 2.違約金は発生するか
 3.カリキュラムが自分に合っているか
 4.自分のキャリアを考えられているか■無料スクールのメリット・デメリット
〇メリット
・受講料がかからない
・就職・転職をサポートしてもらえる
〇デメリット
・就職・転職が前提の場合が多い
・年齢・職歴制限がある場合が多い
・入会金や違約金が発生する場合がある
・学習内容が制限される場合がある
・就職先が制限される場合がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました