【格安】プログラミングスクールを最大70%OFFで利用する方法(答えは給付金制度)

プログラミング

おはようございます、こんにちは、こんばんは。ひよこです(@hiyoko_lets_go)。

あなたはプログラミングスクールに通うことを考えたことがあるでしょうか。

仕事柄多くのエンジニアと関わるのですが、プログラミングスクールを経験してきた人の中でも、長期のコースに本気で取り組んできた人はかなり優秀な人が多い印象です。

でも、高いですよね。

そこで今回は、コンテンツが充実しているプログラミングスクールの中で、『教育訓練給付制度』を受けることができるコースをご紹介します。

この制度を利用することで、最大70%の費用を負担してもらえるので、検討の余地があると思います。

 

ひよこ
ひよこ
私は、大学時代にプログラミングを学び、PHPなどのWeb系言語からAIに用いられるPythonまで幅広く経験してきました。
今ではほぼ不労所得として月10万円以上の収益を継続的に達成しています。

プログラミングスクールは安くない

正直、プログラミングスクールは安くないです。

近年エンジニアの需要は高まっている一方で、仕事に活かせるスキルを習得するためには独学では難しい部分も多いでしょう。

プログラミングスクールは一つの解になると思いますが、長期間スクールに通うと40~50万円が消えていく確かに、スキルを身に着けられれば取り戻せる額かもしれませんが、ハードルは高いと思います。。

この記事にたどり着いたあなたも同じように感じているのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。

給付金制度を利用することで最大70%OFFの金額でプログラミングを学ぶことができます。

 

本日は給付金制度を利用可能なプログラミングスクールをご紹介します。

給付金制度を利用すると最大70%OFFになるプログラミングスクール
TechAcademy
未経験からプロの人材へ。多様なプログラミング言語に対応。
Aidemy
最短3か月でAI人材へ。どの期間でも給付金対象。
キカガク
どの講座も受け放題。圧倒的スキルを持ったAI人材へ。
テックキャンプ
Web系転職向け。生活スタイルに合わせたプログラムを。

教育訓練給付制度とは

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度という言葉からはいまいち内容がよくわかりませんよね。そこで、厚生労働省のHPには以下のような記載がありました。

教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。(引用:厚生労働省 教育訓練給付制度
ひよこ
ひよこ

「教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給される」とあります。つまり、プログラミングスクール修了後に一部の受講費用が返ってくるということですね!

給付制度の種類

給付制度には3つの種類があります。以下の表で簡単に内容説明します。※最新情報は厚生労働省HPやハローワークを確認してください。

給付制度の種類内容
①一般教育訓練給付金受講料の20%
上限10万円
・訓練修了後に支給申請
②特定一般教育訓練給付金受講料の40%
上限20万円
・訓練修了後に支給申請
③専門実践教育訓練給付金(教育訓練支援給付金)受講料の最大70%
上限56万円
・訓練期間中は6ヶ月ごとに支給申請できる
・教育訓練支援給付金:失業中の方に対してプラスで毎月一定金額が支払われる支援制度

給付金制度を利用できるプログラミングスクール

今回は、上記の中でも支給額の多い『③専門実践教育訓練給付金』の対象となるプログラミングスクールをご紹介します。

プログラミング
スクール
価格期間
TechAcademy437,800円 ⇒ 131,320円16週間(約4ヶ月)
3ヶ月:528,000円 ⇒ 158,400円
6ヶ月:858,000円 ⇒ 298,000円(上限56万円給付)
3、6ヶ月
792,000円 ⇒ 237,600円6ヶ月(コンテンツの視聴制限期間はなし)
テックキャンプ短期集中スタイル:657,800円 ⇒ 197,340円
夜間・休日スタイル:877,800 ⇒ 317,800円(約64%給付)
500~600時間

その他の教育訓練給付対象になっている講座は、教育訓練講座検索システムで検索することができます。

TechAcademy

引用:TechAcademy

◆コース名:エンジニア転職保証コース
◆金額:437,800円 ⇒ 131,320円(70%OFF)
◆期間:16週間(約4ヶ月)(学習時間の目安は300時間)
◆目的:IT転職
◆コンテンツ:Webアプリ(Java)、AIプログラミング

『未経験からのエンジニア転職』がキーワードの、オンライン完結の転職保証コースです。

週2回のマンツーマンメンタリング(30分)、毎日15時〜23時のチャットサポートなどが特徴です。

転職に関するサポートとしては、1,000社以上の求人案内自己分析・書類作成支援面接対策に加え、プログラム修了後6ヶ月間内定が出るまで企業面談を実施してくれます。

さらに、面談を実施しても内定が出ない場合、受講料全額返金(条件付き)。

有名で人気の高いスクールでは全額返金保証を採用しているところはありますが、それだけサービスに自信があるということですね。

TechAcademy   無料カウンセリングはこちら

Aidemy

引用:Aidemy

◆コース名:Aidemy Premium
◆金額:
3ヶ月:528,000円 ⇒ 158,400円(70%OFF)

6ヶ月:858,000円 ⇒ 298,000円(上限56万円給付)

◆期間:3、6ヶ月
◆目的:転職

◆コンテンツ:AI(Python)

AI専門のプログラミングスクールにも給付制度が適用されるコースがあります。

特徴としては以下が挙げられます。

  • 専属のメンター
  • チャットで質問し放題(24時間以内の返信)
  • 個人カウンセリング(25分間)(3か月24回)
  • バーチャル学習室
  • 受講者交流会(月1回)
  • 教材選定やカウンセリング

また、8日間全額返金保証を採用しており、まずは試して見るという選択が可能です。

転職サポートとしては物足りなさも感じるものの、今後の成長発展が期待できるAI分野であることは好感触です。AIや機械学習は言葉だけが飛び交っているPJをいくつも見てきたので、真に実力を持ったエンジニアはどこの企業も欲しいはず。

実際、以下のような調査結果が上がってきています(引用:「データ活用人材の採用」に関する意識調査レポート)。

  1. 60%以上の経営者がDXに課題を感じており、その原因はデータサイエンスが市場に不足していることと考えている
  2. データサイエンティストについて、実力が伴っていれば未経験であっても採用したいという経営者が6割近く
  3. データサイエンティスト職の未経験採用に関して、他の未経験職と比較して高待遇を提供したいと考えている

AIを活かした仕事を検討している方は選択肢になると思いますので、一度話を聞いてみると良いのではないでしょうか。

Aidemy  無料相談はこちら

キカガク

引用:キカガク

◆コース名:AI人材育成コース
◆金額:792,000円 ⇒ 237,600円(70%OFF)
◆期間:6ヶ月(コンテンツの視聴制限期間はなし)
◆目的:スキルアップ、就職、転職

◆コンテンツ:AI(Python)

オンライン学習サービスUdemyでも人気の高い株式会社キカガクからのコースです。

月4回の講師が参加するメンタリングやチャット質問し放題が特徴です。

転職サポートとしては、業界最大手であるDODAが支援しているサービスです。

  1. 前職に関わらず、IT専門のキャリアアドバイザーの担当者がつく
  2. 希望のタイミングで転職支援サポートを受けられる
  3. 転職希望者コミュニティによるサポート体制

また、本コースはコンテンツ量が尋常ではありません。AI人材育成コースの内容に加えて、200時間以上の機械学習やWeb開発の講座を無料受講可能です。

転職を最重要視するのであれば、TechAcademyやAidemyには劣るかもしれませんが、成長という観点では間違いないと思います。

キカガク  無料オンライン説明会はこちら

キカガクのAI人材育成コースの詳細は『【キカガク】長期コースの特徴と評判』をご覧ください。

テックキャンプ

◆コース名:短期集中スタイル、夜間・休日スタイル
◆金額:
短期集中スタイル: 657,800円 ⇒ 197,340円(70%OFF)
夜間・休日スタイル:877,800円317,800円(約64%OFF)

◆期間:500~600時間
◆目的:転職

◆コンテンツ:Web系言語

テックキャンプはとにかくサポートが充実しています。

  • 専属のトレーナーの存在
  • 専属のキャリアアドバイザー
  • オンライン問わずメンターに質問し放題(毎日11:00〜22:00)
  • 毎週のキャリア面談、面接対策や履歴書の添削、企業提案(一般非公開求人あり

また、企業に入社した後も半年間であれば無料でキャリア相談可能です。

コンテンツとしては、600時間をかけてフロント/サーバーサイド/インフラ全てを一通り学びます。まさに即戦力になるためのカリキュラムと言えます。

返金保証も抜かりありません。

  • 14日以内であれば、どんな理由であろうとも全額返金
  • 転職活動をして、結果内定が出なかった場合には受講料を全額返金(39歳以下など条件あり)

テックキャンプ  無料カウンセリングはこちら

まとめ

今回は、給付金制度を利用し最大70%OFFでプログラミングスクールに通う方法をご紹介しました。

給付金制度を利用すると最大70%OFFになるプログラミングスクール
TechAcademy
未経験からプロの人材へ。多様なプログラミング言語に対応。
Aidemy
最短3か月でAI人材へ。どの期間でも給付金対象。
キカガク
どの講座も受け放題。圧倒的スキルを持ったAI人材へ。
テックキャンプ
Web系転職向け。生活スタイルに合わせたプログラムを。

各スクールとも無料相談を実施しているので、まずはご自身の目的に合っているかを確認することから始めてみましょう。

 

また、今回ご紹介したスクールは、コンテンツとしては非常に優良であると思いますが、給付制度を利用しても10万円以上の費用がかかってしまうことは確かです(コスパは抜群です)。

そのため、プログラミングをこれから学んでいきたいという初心者の方にとっては、ハードルが高いと思います。

ひよこ
ひよこ

そう感じたあなたには、『すべて無料でプログラミングを学ぶ方法』もご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

【すべて無料】無料でプログラミングを学ぶ方法4選(初心者向け)
おはようございます、こんにちは、こんばんは。ひよこです(@hiyoko_lets_go)。 近年プログラミング需要が高まりつつあり、スキルさえあれば採用したいという企業も増えています。 そんな現代においてプログラミングに関する情...

コメント

タイトルとURLをコピーしました