Pythonでスクレイピングする方法を学べるおすすめ本5選

プログラミング

Pythonでスクレイピングしたいけど、良い方法はないかな。どうやって学習すればいいだろう。

こんな悩みにお答えします。

スクレイピングは書籍で学ぶことができます。

なぜなら、スクレイピングなどの特定の分野は狭く深く学習する必要があるため、Webサイトではなく専門書を用いることが効率的だからです。

今回は、Pythonでスクレイピングする方法を学習できる書籍 5選をご紹介します。

この記事を読み終えると、あなたの目的に合った書籍を検討することができるでしょう。

 

この記事の信頼性

ひよこ
ひよこ

私は、大学時代にプログラミングを学び、PHPなどのWeb系言語からAIに用いられるPythonまで幅広く経験してきました。

現在はデータサイエンティストとして大企業で活動しています。

また今ではほぼ不労所得として月10万円以上の収益を継続的に達成しています。

Pythonでスクレイピングする方法を学べる書籍5選

Pythonでスクレイピングする時におすすめの書籍です。

項番表紙タイトル参考価格
1

PythonによるWebスクレイピング 第2版

3,520円
2

Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!

2,420円
3

Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版]

3,608円
4

増補改訂Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック

3,520円
5

Pythonスクレイピングの基本と実践 データサイエンティストのためのWebデータ収集術

3,630円

■関連記事:Python学習本
>>【Python】おすすめ書籍20選(入門~AI・機械学習)
>>【初心者向け】Pythonの基礎を学べるおすすめ本5選
>>【Python入門】書籍による学習でプログラミングは身に付くか
>>【初心者必見】プログラミング本の選び方(4つのポイント)と効率的な学習方法(3ステップ)

Pythonでスクレイピング

ここでは、Pythonで行うスクレイピングの概要についてです。

a. スクレイピングとは?

スクレイピングとは、Web上からデータを収集し、目的に合わせて抽出・加工すること

スクレイピングはデータ活用のための前処理であり、プログラミングで自動化することで効率化に繋がります。スクレイピングにより収集加工されたデータは、機械学習やマーケティングなど多様な領域で利用されます。

ひよこ
ひよこ

自分は何もしなくても自動的にデータが積みあがっていくのでとても便利です!

b. なぜPythonか?

スクレイピングを行う方法は1つではありません。

スクレイピングを行う方法
■提供されているサービスを利用する

     ・WEBクローラー
・Web Scraper など

■自分でプログラムを書いて実行する
     ・Python
・Ruby など

では、なぜPythonで実行するのか

それは、Pythonは汎用性が高いプログラミング言語だからです。

■スクレイピングのためのライブラリが豊富
     ・・・Pythonは近年人気の高いプログラミング言語でありユーザ数も多いため、新しい情報や新しい仕組みでも誰でもすぐに利用できることが多い
■スクレイピングしたデータは機械学習やデータ分析に利用することが多い
     ・・・スクレイピングにより収集したデータは後続処理としてPythonによって利用されることが多い。そのため最初からPythonでスクレイピングした方が後々の互換性が良い

>>初心者必見!Python入門まとめ(年収・将来性・はじめ方・学習方法)
>>【初心者向け】Pythonでできること(概要や始め方、学習方法までざっくり紹介)

c. スクレイピングの流れ

スクレイピングの流れ
   1. 収集データ選定
   2. WebサイトのHTML構成を確認
3. Pythonでコーディング

1.収集データ選定:Webサイトからどのデータをスクレイピングするか決定します。※証券サイトなど、スクレイピングを禁止しているWebサイトも多く存在するため実施する際には十分に注意して行いましょう

2.WebサイトのHTML構成を確認:Webサイトの構成上どの情報をスクレイピングするのかを明確にします。

3.Pythonでコーディング:ライブラリを用いてスクレイピングするプログラムを実装します。PythonではRequestsやBeautifulSoup、Seleniumなど多くのライブラリがあります。それぞれ処理速度や抽出対象に特徴があるため、目的に応じて使い分けましょう。

① PythonによるWebスクレイピング 第2版

対象プログラミング経験者(中上級者向け)
(他のスクレイピング書籍よりも若干高度。自分で読み解く力が求められる。検索すれば対応可能なレベル)
特徴
・Webスクレイパーの基礎解説
・データ収集後のクリーニングや自動化など、Webスクレイピングを実際に行うために必要なプログラミングテクニックまで網羅
章立て
第Ⅰ部 スクレイパーを作る
  1章 最初のWebスクレイパー
  2章 高度なHTMLパース
  3章 Webクローラを書く
  4章 Webクローリングのモデル
  5章 Scrapy
  6章 データを格納する
第Ⅱ部 高度なスクレイピング
  7章 文書を読む
  8章 汚れたデータをクリーニング
  9章 自然言語の読み書き
  10章 フォームとログインでクローリング
  11章 JavaScriptのスクレイピング
  12章 APIでクローリング
  13章 画像処理とテキスト認識
  14章 スクレイピングの落とし穴を避ける
  15章 Webサイトをスクレイパーでテストする
  16章 並列にWebクローリング
  17章 リモートでスクレイピング
  18章 Webスクレイピングの適法性と倫理

O’REILLY人気書籍の改訂版。スクレイピングの基礎から実践的な内容まで網羅されている1冊。問題発生時の対象法まで記載されており、持っておくと安心でしょう。

スクレイピングの基礎だけでなく、自動化方法や法律面の解説など痒い所に手が届くコンテンツとなっています(故に初心者の方にはあまりおすすめしません)。

本書は元々英語で書かれているため多少気になる日本語もありますが、問題ない範囲と思います(気になる方は一度手に取ってみてください)。

PythonによるWebスクレイピング 第2版  詳細を見る>>

② Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!

対象
基礎を学んだPython初心者の方が次のステップへ進むための1冊
・Pythonの基本文法を知っている方
・データ収集やデータ分析の初心者
特徴
・基礎知識が分かる
・プログラムの仕組みが分かる
・開発体験ができる
・サンプルコードをダウンロード可能
章立て
第1章:Pythonでデータをダウンロード
第2章:HTMLを解析しよう
第3章:表データを読み書きしよう
第4章:オープンデータを分析してみよう
第5章:Web APIでデータを収集しよう

Pythonを用いたスクレイピングについて解説している書籍の中でもっともやさしく書かれており、とにかくPythonでスクレイピングしてみたいという方におすすめの1冊。

データのダウンロード方法やHTMLの解析などスクレイピングに必要なスキルを身に付けながら、最終的にはAPIを用いたデータ収集方法まで学ぶことができます。

サンプルコードを見て実際に手を動かすことができるので、実践派の方におすすめ。

Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!  詳細を見る>>

③ Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版]

対象
・Webサイトから効率よくデータを収集して活用したい方
・Webサイトで定型的な処理を自動化したい方
特徴
・基礎から丁寧に解説
・サンプルコードが充実しており実践的
・クローリング・スクレイピングのフレームワークであるScrapyを詳細に解説
章立て
第1章:クローリング・スクレイピングとは何か
第2章:Pythonで始めるクローリング・スクレイピング
第3章:ライブラリによる高度なクローリング・スクレイピング
第4章:実用のためのメソッド
第5章:クローリング・スクレイピングの実践とデータ活用
第6章:フレームワークとScrapy
第7章:クローラーの継続的な運用・管理
累計発行部数1万部を超える良書。短期間で6回の増刷を行っています。

少し分量が多いですが、Webスクレイピングを基礎からしっかりと学べる書籍。

スクレイピングについて基礎から実践的な内容まで網羅されており、1冊持っておくと安心感があります。

また、継続的な運用のための自動化や高速化、スクレイピングする際の注意点まで解説されているため実運用の際にも手助けしてくれること間違いなしです。

Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版]  詳細を見る>>

④ 増補改訂Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック

対象・スクレイピングに加えて機械学習を学びたい方
特徴
・TensorFlow、Scrapyに対応
・サンプルコードをダウンロード可能
章立て
第0章:クローリング、スクレイピングそして機械学習
第1章:クローリングとスクレイピング
第2章:高度なスクレイピング
第3章:データソースと書式・整形
第4章:機械学習
第5章:深層学習に挑戦しよう
第6章:テキスト解析とチャットボットの作成
第7章:深層学習を実践してみよう

2016 年に発売された『Pythonによるスクレイピング&機械学習開発テクニック』を大幅改訂した1冊。

データを収集・整形し、機械学習を行うという一連の流れを体験できる書籍。サンプルコードに手を加えることで自分の思い通りの処理を最新の技術で実現できるでしょう。

網羅性が高い一方で、一つ一つの詳細説明が少し乏しいところが難点。

増補改訂Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック  詳細を見る>>

⑤ Pythonスクレイピングの基本と実践 データサイエンティストのためのWebデータ収集術

対象
・Pythonプログラミングの基礎を理解している方
・スクレイピング・テクニックの基礎と実践を学びたい方
特徴
・Pythonの各種ライブラリを活用(requests、Beautiful Soup、Selenium、records、matplotlib、pandas、scikit-learnなど)
・データサイエンス指向の15のサンプル
章立て
第1部 Webスクレイピングの基礎
     第1章 イントロダクション―スクレイピングの考え方、Pythonの準備
     第2章 HTTPでWebと対話してみよう―HTTPとrequestsライブラリの基本事項
     第3章 Webのスープをかき回そう―HTML+CSSページからの情報収集の基本
第2部 高度なWebスクレイピング
     第4章 POSTメソッドやクッキーなどへの対処法
     第5章 JavaScriptへの対処法
     第6章 スクレイピングからクローリングへ―Webクローラー開発のポイント
第3部 Webスクレイピングの実践入門
     第7章 管理と法律に関する問題
     第8章 有用なツールとベストプラクティス
     第9章 データサイエンス指向の実践サンプル

Python中級者向けの実践的な内容を含む良書。Pythonを使ったスクレイピングの基本と実践を解説しているだけでなく、実用サンプルも多く紹介されています。

第9章では、スクレイピング後のデータサイエンスを意識した15種類の実践サンプルが用意されており、あなたのスキルアップに繋がること間違いなしです。

また、多様なスクレイピングライブラリを利用していることから応用も効きやすいでしょう。

Pythonスクレイピングの基本と実践 データサイエンティストのためのWebデータ収集術   詳細を見る>>

まとめ

今回は、Pythonでスクレイピングする方法を学習できる書籍 5選をご紹介しました。

スクレイピングを行いたい方は、ライブラリが豊富で今後の発展性も見込めるPythonがおすすめです。

書籍は数千円で購入することができ、スクレイピングでデータを収集・整形することができれば話題の機械学習やデータ分析を行うこともできるようになります。

スクレイピングからPythonプログラミングの道を拓いていきましょう。

\現役エンジニア厳選!Pythonでスクレイピングする方法を学べるおすすめの書籍5選/

項番表紙タイトル参考価格
1

PythonによるWebスクレイピング 第2版

3,520円
2

Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!

2,420円
3

Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版]

3,608円
4

増補改訂Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック

3,520円
5

Pythonスクレイピングの基本と実践 データサイエンティストのためのWebデータ収集術

3,630円

 

スキルアップを目指したい方におすすめのオンライン学習サービス

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました