【完全無料!】​無料で学べるおすすめ​プログラミングスクール​(プログラマ カレッジの評判)​

プログラミング

プログラミングを学んで就職・転職したいけど、独学は難しいしプログラミングスクールは高い。何か良い方法はないかな。。

こんな悩みにお答えします。

実は、プログラミングスクールに「完全無料で」通う方法があります。

ひよこ
ひよこ

このスクールは、企業から紹介手数料をいただいているため受講生からお金を受け取らなくても大丈夫なのです。

今回は、完全無料でプログラミングを学ぶことができるプログラミングスクールをご紹介します。

この記事を読み終えると、完全無料のプログラミングスクールのメリット・デメリット、評判を知ることができます。

>>【すべて無料】無料でプログラミングを学ぶ方法4選(初心者向け)

この記事の内容
ProgrammerCollege(プログラマ カレッジ)
完全無料で違約金もなし
基礎から実務までを想定した充実したカリキュラム
・就職成功率は96.2%
年齢・職歴制限があるため注意

チーム開発を経験できる
講師やスタッフの評判も良い

無料プログラミングスクール
 〇メリット
 ・受講料がかからない
 ・講師(現役エンジニア)や同期と交流できる
 ・就職・転職できる
 〇デメリット
 ・就職・転職が前提の場合が多い
 ・年齢・職歴制限がある場合が多い
 ・入会金や違約金が発生する場合がある
 ・学習内容が制限される場合がある
 ・就職先が制限される場合がある

この記事の信頼性

ひよこ
ひよこ

私は、大学時代にプログラミングを学び、PHPなどのWeb系言語からAIに用いられるPythonまで幅広く経験してきました。

現在はデータサイエンティストとして大企業で活動しています。

また今ではほぼ不労所得として月10万円以上の収益を継続的に達成しています。

結論:ProgrammerCollege(プログラマ カレッジ)

ProgrammerCollegeは、20代の大卒・第二新卒向けの完全無料のプログラミングスクール。プログラミング学習と就活をまとめてサポートするサービスです。

「就職直結型」のプログラミングスクールとしては国内最大級の大規模スクールで紹介先や実績も豊富なおすすめできるスクールです。

>>プログラミングで稼げない2つの理由と真実(求められる4つの能力)

料金無料
(交通費を除く受講に関わる費用が無料)
受講形式オンライン個別
(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在オンライン授業へ切り替え)
受講対象・プログラマ:27歳までの大卒、正社員経験が1年以上ある方
・インフラエンジニア:30歳までの職歴が1年以上ある方
プログラミング言語HTML5/CSS3
JavaScript
jQuery
PHP
Java など
実績平均内定獲得率:3.7社
紹介可能な企業数:3,500社以上
就職成功率:96.2%
アクセス東京都港区六本木1丁目9-9
六本木ファーストビル17F
公式HPProgrammerCollege

\簡単30秒申込!まずは無料相談から!/ProgrammerCollege 無料相談はこちら>>

ProgrammerCollegeの特徴
・【料金】完全無料で違約金もなし
・【学習コンテンツ】基礎から実務までを想定した充実したカリキュラム
・【就職・転職】就職成功率は96.2%

【料金】完全無料で違約金もなし

ProgrammerCollegeは完全無料のプログラミングスクールです。完全無料の理由は以下のとおり。

スクールは紹介する企業から紹介手数料を受け取っているため、受講料無料でもビジネスとして成り立っているのです。

また、違約金が発生しないこともGOODポイントです。つまり、就職ができなかったり途中で退学してしまった場合でも、一切の料金がかからないのです。無料スクールでは受講料は無料でも違約金は発生するケースが多くあります。

ひよこ
ひよこ

無料スクールを検討する際には十分注意する必要がありますね...!

【学習コンテンツ】基礎から実務までを想定した充実したカリキュラム

Web系言語を中心に基礎から実務まで使える開発のスキル・知識を身に付けることができます。

  • 80以上の教材、100以上の問題集
  • 420時間の研修
ひよこ
ひよこ

データベースまで網羅されており、自分でECサイトを開発できるような高いレベルのスキル習得が可能です!

また、講義や開発演習でスキルを身に付けた後、「チーム開発」を経験できるプログラムも用意されています(7~10人チーム)。実際の業務では1人で開発を行うことはありません。仕様書や設計書の読み込みから、役割分担、進捗確認、git/GitHubの使用、テストなど、すべてチーム開発が基本になるためいかに実践を意識されているかが伺えます。

さらに、受講修了後は就職活動開始前にJavaの資格(Oracle Certified Java Programmer Silver SE11)を無料で取得できます(受験料はスクール負担)。資格取得はあなたのスキルを客観的に示すことのできる重要な指標です。就職時には大きなアドバンテージになるためぜひ挑戦してみましょう。

【就職・転職】就職成功率は96.2%

ProgrammerCollegeでは2〜3ヶ月の研修期間を経て、就職活動までサポートしてくれます。ITエンジニアの就職一筋で10年以上の実績。

  • 平均内定獲得率:3.7社
  • 就職成功率:96.2%

1人ひとりの受講生に専任のアドバイザーが付き、マンツーマンで就活を支援してくれる体制はまさに有料級。サポート内容も充実しています。

  • 面接対策
  • ビジネスマナー研修
  • 履歴書の作成

紹介可能な企業数は3500社以上(求人数は5000件以上)とかなり豊富です。

他のスクールでは受講後の就職支援がほぼない状態。実際、ProgrammerCollegeが多くのPCスクールや同業他社の就職支援をサポートしている状況。これに対し、ProgrammerCollege自身は運営元がITエンジニア専門の転職支援会社であることから豊富な紹介先と実績、サポート体制を持って受講生のフォローまで高品質です。

受講対象

ProgrammerCollegeには年齢・職歴制限があることに注意が必要です。

2022年現在、プログラマとインフラエンジニアで以下のような制限があります。

  • プログラマ:27歳までの大卒、正社員経験が1年以上ある方
  • インフラエンジニア:30歳までの職歴が1年以上ある方

コロナ以前と比較した対象者の表を用意しました。新型コロナウイルスの影響により未経験求人は全体的に減少しており、採用ハードルが上がっています。これを受けてProgrammerCollegeでも受講対象の制限を厳しくしているようです。

コロナ前コロナ後(現在)
プログラマインフラエンジニア
30歳までの方27歳までの大卒30歳まで
職歴、職種は問わない正社員経験1年以上ある方職歴が1年以上ある方

 

最新の情報は公式HPまたは無料のオンライン説明会でご確認ください。

\簡単30秒申込!まずは無料相談から!/ProgrammerCollege 無料相談はこちら>>

評判

ProgrammerCollegeの評判として、実際の受講生のお話をいくつかピックアップしてお伝えします。

ProgrammerCollege
卒業生

仲間と助け合い、ものづくりをしていく楽しさを知れたことは大きな糧になりました。
6人でチーム演習に取り組みました。
社会人を経験されている方と一緒に学べたことは、学生にとって非常にいい経験となったと思います。チーム演習は実際にエンジニアとして働く予行練習のようなもので、とてもいい経験になったと思っています。たくさんの人に助けられながらではありましたが、コードを書くことの面白さを感じることができたし、何よりチームメンバーと協力して開発できたことが大きな収穫になりました。仲間と助け合い、ものづくりをしていく楽しさを知れたことは大きな糧になりました。

ProgrammerCollege
卒業生

客観的な立場から意見していただけたし、面接後はフィードバックもくださり、本当に心強かった
履歴書の文章添削や模擬面接など、ありとあらゆる就活対策をしていただいた
のですが、模擬面接は特にありがたかったです。自身のウィークポイントや改善点を客観的な立場から意見していただけたし、面接後はフィードバックもくださり、本当に心強かったです。

ProgrammerCollege
卒業生

「ここなら信頼できるな」と思っていました
スタッフのみなさんがとても誠実で、熱意のある方ばかりだった。(当時は、オフライン開催だったため)説明会では道に迷わないようにプラカードを持ってスタッフのみなさんが出迎えてくれ、面談もとても親身になって相談にのってくださりました。帰る頃には「ここなら信頼できるな」と思っていました。
チーム開発は、全員の進捗を共有し合い、遅れが出ている箇所は助け合って作業を進めるなど、オンラインであっても仲間と協力しあって開発を進めることができ、よかったなと感じています。

よくある質問

ここでは、完全無料のプログラミングスクールによくある質問や他の有料スクールと比較した時のメリット・デメリットをご紹介。

Q. 完全無料なのはなぜ??

A. 紹介する企業から紹介手数料を受け取っているため。

企業からお金を受け取っているので、受講生から受講料をもらわなくてもスクールを経営することができるのです。

そしてそれぞれにメリットがあります。

  1. 受講生:無料でスキルを学ぶことができる
  2. 企業:IT人材を採用できる
  3. プログラミングスクール:スクールを経営できる

Q. 無料スクールは質が低い??

A. 必ずしも質が低いとは言えない(ただし、一般的にはサポート体制などは有料スクールに劣る)

一方で、講義レベルの高い無料プログラミングスクールもあることは事実。無料だから講義の質が低いというわけではありません。

実際、プログラミングスクールの料金と受講生の満足度の相関関係は以下のグラフのとおり。受講料が高ければ満足度が上がるわけではないのです。

したがって、まずは無料相談などを活用し、スクールがあなたに合っているか否かを確認することが大切でしょう。

\簡単30秒申込!まずは無料相談から!/ProgrammerCollege 無料相談はこちら>>

Q. メリット・デメリットは??

A. 無料プログラミングスクールのメリットとデメリットは以下のとおり。

■メリット
・受講料がかからない
・講師(現役エンジニア)や同期と交流できる
・就職・転職できる

■デメリット
・就職・転職が前提の場合が多い
・年齢・職歴制限がある場合が多い
・入会金や違約金が発生する場合がある
・学習内容が制限される場合がある
・就職先が制限される場合がある

メリット1. 受講料がかからない

有料スクールの場合、最低でも十数万円は必要になります。中々すぐに用意することは難しい金額だと思います。

一方で、独学では学習速度が遅くなってしまうことに加えモチベーションの持続も困難です。その中で受講料がかからないプログラミングスクールは最適解となり得るでしょう。

メリット2. 講師(現役エンジニア)や同期と交流できる

講師や同期と交流し繋がることで、エンジニアのリアルを知る機会が増えるでしょう。企業とのミスマッチを減らすためにも疑問点はクリアにしていきましょう。

また、就職後もこのコネクションを大事にしておくとフリーランスとなったときの案件獲得など繋がりから生まれるビジネスチャンスもあるかもしれません。

メリット3. 就職・転職できる

そして何より重要なことが就職・転職できることです。特にProgrammerCollegeは高い就職成功率を誇っており、無駄な時間を過ごしてしまうこともないでしょう。

デメリット1. 就職・転職が前提の場合が多い

一方で、無料スクールでは就職・転職が前提になる場合が多く、副業目的での学習や純粋なスキルアップを目的として受講することは難しい可能性が高いです。

事前に説明会へ参加し、受講条件をしっかりと確認することが大切です。

デメリット2. 年齢・職歴制限がある場合が多い

受講にあたり、「20代限定」や「1年以上の実務経験」などの条件を課せられる場合が多いです。近年の新型コロナウイルスの影響から未経験の就職が難しい状況となっている背景があります。

受講対象を確認し、条件に合わない場合は有料スクールを検討する必要があります。

デメリット3. 入会金や違約金が発生する場合がある

「無料」と言いつつ、場合によっては支払いが発生する場合があります。ケースとしては、「授業料は無料だが、入会金は必要」や「途中で退学した場合には違約金が発生」などです。

この点についても事前の説明会や契約書から正確に確認しておく必要があるでしょう。

ひよこ
ひよこ

ちなみに、今回ご紹介したProgrammerCollegeでは入会金も違約金もありません!(説明会での最終確認は必須ですが)

デメリット4. 学習内容が制限される場合がある

無料であるが故に学習内容が制限されている場合があり、希望の講座が存在しない場合があります。

例えば、ProgrammerCollegeではWeb系言語は概ね網羅されていますが、Pythonを用いて機械学習を学ぶことはできません。

>>初心者必見!Python入門まとめ(年収・将来性・はじめ方・学習方法)
>>【初心者向け】Pythonでできること(概要や始め方、学習方法までざっくり紹介)
>>【プログラミング】初心者向けPythonの学習方法(結論:ゲームを作ろう)

こちらも公式HPや事前説明会にて確認し、あなたの希望講座が用意されているか確認しておきましょう。

デメリット5. 就職先が制限される場合がある

無料スクールは企業から紹介手数料を受け取っているため、受講生の就職先が制限されてしまう場合があります

ProgrammerCollegeでも紹介企業数が多い一方で、紹介企業以外への就職はできません。

スクールを検討する際には以下2点を確認するようにしましょう。

  1. 就職先が制限されているか
  2. 紹介企業(就職実績)にはどんな企業があるか

おすすめの有料プログラミングスクール(転職保証付き!)

無料のプログラミングスクールメリットが多い一方で、受講者や就職先が制限されている場合があります。

もしも説明会などを通してあなたに合わなかった場合は、有料のスクールも検討してみてください。

本サイトではTechAcademyのエンジニア転職保証コースをおすすめしています。

■有料スクール(TechAcademy)の特徴
・未経験可
・チャットでの質問対応や課題レビューなどサポート体制が充実
・自己分析や書類作成、面接対策などエンジニアとしての転職活動を徹底サポート
・WebアプリからAIプログラミングまで幅広いコンテンツ
給付金制度あり(受講料最大70%OFF)

転職保証制度あり

給付金制度

TechAcademyには給付金制度があり、最大で70%OFFの料金で受講することが可能です。

437,800円⇒131,340円(306,460円OFF)

まずは公式HPやハローワークを確認してみましょう。

>>【TechAcademy】未経験からエンジニアを目指すエンジニア転職保証コース
>>【格安】プログラミングスクールを最大70%OFFで利用する方法(答えは給付金制度)

転職保証制度

また、転職保証制度があるのも特徴です。

年齢をはじめいくつか保証条件があるものの、学習プログラム修了後、6ヶ月以内に内定が出ない場合受講料を全額返金してくれます。

TechAcademyでは、現役エンジニアとの無料キャリカウンセリングを実施しています。どんな質問でのOKですので、詳細な保証条件など気になる点を聞いてみましょう。

\現役エンジニアとマンツーマンで話せる!個別の無料相談!/
TechAcademy キャリアカウンセリングはこちら>>

まとめ

今回は、完全無料のプログラミングスクール(ProgrammerCollege)についてご紹介しました。

無料プログラミングスクールを活用することで、高い受講料を支払うことなく現役エンジニアに相談できたり、実務を意識したチーム開発経験を得られるなどメリットが多くあります。

特にProgrammerCollegeは就活直結型のスクールで就職成功率が高く、違約金などもありません。無料スクールを検討されている方は一度相談会へ参加しあなたに合うかどうかを確認してみることをおすすめします。

\簡単30秒申込!まずは無料相談から!/ProgrammerCollege 無料相談はこちら>>

 

この記事の内容
ProgrammerCollege(プログラマ カレッジ)
完全無料で違約金もなし
基礎から実務までを想定した充実したカリキュラム
・就職成功率は96.2%
年齢・職歴制限があり注意

チーム開発を経験できる
講師やスタッフの評判も良い

無料プログラミングスクール
 〇メリット
 ・受講料がかからない
 ・講師(現役エンジニア)や同期と交流できる
 ・就職・転職できる
 〇デメリット
 ・就職・転職が前提の場合が多い
 ・年齢・職歴制限がある場合が多い
 ・入会金や違約金が発生する場合がある
 ・学習内容が制限される場合がある
 ・就職先が制限される場合がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました