【初心者向け】10分でできる!Pythonの実行結果をスマホへ通知する方法(LINE Notify)

プログラミング

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

ひよこです(@hiyoko_lets_go)。

 

Pythonを学習していると、

Pythonの実行結果を通知として受け取りたい

と思ったことはないでしょうか。

機械学習など時間のかかる処理を行っている場合、完了したことを通知してくれると嬉しいですよね。

ひよこ
ひよこ

私自身、プログラムを実行⇒別の用事⇒完了通知を受け取る⇒結果確認ということを日常的に行っています。

そこで本日は、Pythonの実行結果をスマホへ通知する方法をご紹介します。

こんな方におすすめ!
Pythonの実行結果を通知として受け取りたい

結論:LINE Notify

今回は、LINE Notifyというサービスを使い、LINEへ通知を送る方法をご紹介します。

LINE Notifyを用いることでPythonの実行結果をLINEで受け取ることができます。

これによって、多くの恩恵を受けられます。

  • 時間を有効に活用することができる
  • リアルタイムで情報を取得することができる

LINEの他にも、Slackへの通知やメール送信なども方法として考えられますが、より簡単に実装できるという点でLINE Notifyを重宝しています。

スポンサーリンク

1. トークン発行

まずはLINE Notifyログインします(メールアドレスとパスワードを求められます)。

ログインすると、「アクセストークンの発行(開発者向け)」という記載があるので、「トークンを発行する」をクリックしてください。

アクセストークンの発行(開発者向け)

「トークンを発行する」画面に遷移しますので、「トークン名」と「トークルーム」を記入、選択してください。

トークンを発行する

ここでは例として以下のように指定しました。

  • トークン名:【プログラム実行完了通知】
  • トークルーム:1:1でLINE Notifyから通知を受け取る(※個人利用の場合、こちらで問題ありません)

トークンが発行されます。発行されたトークンが表示されるため、コピーしましょう(※2度と表示されないためお忘れなく!)。

トークンの発行

これで準備は完了です。

ここまで5分もかかっていないのではないでしょうか。

2. LINEへの通知方法

トークンが発行されたところで、ここからはLINEへ通知を送るためのプログラムを考えます。今回はこちらの記事を参考にさせていただきました。

#PythonからLINEへ通知を送る関数
def line_notify(message):
 line_notify_token = '発行されたトークンを貼り付けてください'
 line_notify_api = 'https://notify-api.line.me/api/notify'
 payload = {'message': message} #引数として自由に入力することができます
 headers = {'Authorization': 'Bearer ' + line_notify_token}
 requests.post(line_notify_api, data=payload, headers=headers)

line_notify関数を実行することで、PythonからLINEへ自由に通知を送ることができるようになります。

ここまでで7分程度。ラストスパートです。

3. サンプルコード

それでは、サンプルコードとして「足し算の結果を通知するプログラム」を実装してみましょう。

import requests

#LINEに通知する関数
def line_notify(message):
 line_notify_token = '発行されたトークンを貼り付けてください'
 line_notify_api = 'https://notify-api.line.me/api/notify'
 payload = {'message': message}  #引数として自由に入力することができます
 headers = {'Authorization': 'Bearer ' + line_notify_token}
 requests.post(line_notify_api, data=payload, headers=headers)

#実行したい処理
def hoge(a, b): #a+bの加算結果を返す
 return a + b

if __name__ == '__main__':
 try: #hoge関数を実行
  ans = hoge(1, 1)
 except Exception as e: #エラー時にはエラーメッセージを通知
  line_notify(e) #line_notify関数の引数にエラーメッセージを入力
 else: #エラーでない場合は、指定した文言に加えて、加算結果を通知
  text = "\nプログラムの実行を完了しました\n"
  text += "実行結果:"+str(ans)
  print(text)
  line_notify(text) #line_notify関数の引数に加算結果入力


#実行結果(コマンドプロンプト)
プログラムの実行を完了しました
実行結果:2

LINEでの通知結果はこちらの通りです。

LINE通知画面

ひよこ
ひよこ

確かに実行結果が通知されていることが確認できますね。

これでLINEへの通知は完了!トークン発行を含めてたったの10分です。

今後の方針

Pythonの実行結果をLINEへ通知する用途はたくさんあります。

具体的には、「Pythonによる銘柄スクリーニング」「Pythonの実行結果のLINE通知」「Pythonプログラムの定期実行」を掛け合わせることで、Pythonによる銘柄スクリーニングを定期的に自動実行し、その結果をLINEで受け取ることができるようになります。

これは、自分で毎回スクリーニングして調べる必要がなくなり、買い場や売り場を逃すことも少なくなるということです。

かなり便利ですよね。

ひよこ
ひよこ

今後も必要な記事を追加していきますのでチェックをお忘れなく!

まとめ

今回は、Pythonの実行結果をLINEに通知する方法をご紹介しました。

LINE Notifyを利用することで、トークン発行からプログラム実行までたったの10分で完了することができました!

LINEへの通知は多くの用途があり、非常に便利です。

  • 機械学習の実行結果を通知
  • 自動化したプログラムの定期実行 などなど

アイデアの数だけ使い道があると思いますのでぜひ利用してみてください!

 

本ブログでは、株式やプログラミングに関する記事を投稿しています。

プログラミング(Python)を学びたい方におすすめの書籍やプログラミングスクール、おすすめの学習方法などをご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

独学で挫折してしまう方は、プログラミングスクールという方法がおすすめです。

私の一押しは『TechAcademy』です。

質問することですぐに分からないところをクリアにできますし、進捗をサポートしてくれるため確実に成長することができます。

無料相談を実施しているため、まずは話を聞いてあなたのスタイルに合っているかどうか確認してみるのが良いと思います。

スキルアップを目指したい方におすすめのオンライン学習サービス

Profile
この記事を書いた人

現役データサイエンティスト
【投資×プログラミング】に関するブログを運営しています。

■発信内容
・・・プログラミング(Python)、銘柄分析、株価予測など
■投資対象
・・・インデックス投資、米国ETF、米国個別株

普段は1万人規模の大企業で世にコンテンツを生み出してます。

ひよこをフォローする
プログラミング開発
ひよこをフォローする
副業プログラミング応援団

コメント

タイトルとURLをコピーしました