和漢クレンジングはお肌のクリニックとして使えます

和漢クレンジングをご存じでしょうか。

女性には、外見にコンプレックスがあると言う人も多いのではないでしょうか。

特に年齢が高くなればなるほど、外見が衰えてしまうのが怖いと言う考えから、

エステサロンや美容外科などに通う人もいるようです。

そのため、普段から肌のケアが欠かせないと言う女性も少なくありません。

和漢クレンジングはお肌のクリニックとして使えます。

 

images

 

しかし、美肌を維持するのは難しいものです。

まず、美肌の大敵が、私たちが毎日行なっている化粧です。

肌呼吸を妨げている訳ですから、肌にはあまり良くないものです。

 

けれど、仕事先などでは、スッピンでは恥ずかしいと言う考えから、

常に化粧をしている女性も多いのではないでしょうか。

また、接客業などでは、化粧をすることが決まりとなっている職場も多く、

出来るだけ綺麗に見えるように、過剰にファンデーションなどを厚塗りしたりする女性もいるようです。

 

でも、仕事で化粧をバッチリとしていても、家に帰れば、化粧を落とさなくてはいけません。

その際には、メイク落としなどの洗顔料で肌をしっかりと洗い、

化粧を全て流してから、化粧水や乳液などで肌を整えると言う流れがほとんどの様です。

 

しかし、この化粧を落とす時の洗い方にも、肌荒れを起こす原因があります。

第一に、化粧を厚くすあると、一回のクレンジングだけでは落としきれないものです。

そのため、何回も顔を洗う人もいますが、これも肌には良くありません。

肌荒れの原因とは、肌の角質に残った化粧などの汚れもありますが、

しつこく肌をこすった際にも、肌に炎症が起こり、肌にシミとなって残ってしまうこともあります。

これらのことから、化粧を落とす際には、肌が傷つかないように、優しく洗ってあげるようにしましょう。

 

泡立ちタイプのメイク落としを使い、顔を包み込むようにマッサージして、化粧を落とします。

落ちにくいマスカラなどのポイントメイクは、

あらかじめ専用の拭き取りタイプのメイク落としを使用して落とし,

後は全体の化粧を落とすようにすれば、あまりゴシゴシとこすらずに済みます。

また、肌への刺激を少なくするには、肌が弱い人用の洗顔料などを使用すると良いでしょう。

その他にも、化粧を落とす際には、水では肌が引き締まってしまいますので、

化粧が落ちにくくなり、熱いお湯だと、洗顔後に乾燥してしまうおそれがあります。

30度前後のぬるま湯(正確には32度)で化粧を落とし、

その後で水で引き締め洗顔をするようにしましょう。

 

あまり時間を掛けてメイクを落とすと、肌へのダメージも大きくなりますので、

出来るだけ手早く行なうように注意が必要です。

それに、化粧を長時間していることは、肌の老化も促進させます。

出来るだけ厚塗りの化粧は止めて、軽く薄化粧を心がけましょう。

クレンジングをする事で化粧を落としておきましょう。

色々なクレンジングを試した結果、私はこのクレンジングに落ち着きました。

全部を語るより観てもらう方が早いと思います。



 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ