綺麗な肌を保つには和漢クレンジングがおススメです

日頃からの肌のケアは十分だと思いますか。

肌が美しい人の9割以上は何らかの肌ケアをしています。

綺麗な肌を保つためにも、和漢クレンジングを使ってみませんか。

元々の肌質も関係しますが、

肌が美しい人は努力を欠かさないのです。

 

images (10)

 

その努力は年齢を重ねるほど、お肌に表れます。

加齢と一緒にお肌はシミやくすみ、シワなどの様々な悩みを持つようになります。

年を取って尚、

肌がきれいな人は確実に日頃からのケアを怠っていない人なのです。

美肌になりたいと思うなら、まずは相応の努力をしましょう。

(実際、毎日の事だから慣れるまでが大変ですが慣れてしまえば、、ね)

努力をすることで肌は次第に良い状態に保たれます。

 

肌ケアで大事なことの一つに「クレンジング」があります。

洗顔には気を遣うけど、クレンジングにはあんまり…という人もいるでしょう。

そういう方は案外多いですが、クレンジングにも気を遣ってください。

クレンジングは美肌に大きく関わってきます。

 

メイク落としをするのは確かに面倒です。

なかなかメイクが落ちなくて、イライラしてしまうこともあると思います。

しかしメイクを落とさないで寝てしまうと、

メイクが酸化してシミやくすみ、シワの原因になる活性酸素が発生するのです。

 

さらにはお肌に皮脂汚れがたまって、細菌のいいエサになります。

(男性だと嫌な匂いの原因になっています)

この2つが原因でお肌はボロボロです。

一夜にして、肌に影響が出てしまいます。

 

一夜にして!というのが本当にツライです。

昨日まで全然肌トラブルがなかったのにーーーっ!

ってなった事も経験済みだと思います。

 

クレンジングをしないで、そのまま寝てしまうことは

お肌の老化を促進します。

老化を恐れるなら、

必ず毎日のクレンジングは忘れないでください。

 

クレンジング方法には3つのポイントがあります。

1つ目は時間をかけて洗わないこと、

2つ目はこすり洗いをしないこと、

3つ目は帰宅したらすぐにメイクを落とすことです。

 

クレンジングの中には界面活性剤が入っています。

この界面活性剤は汚れ落ちは良くても、

肌にダメージを与えるちょっと困った影響があります。

(物事は表裏一体なのですね!)

ですからクレンジングは時間をかけずにさっと洗うのがコツ。

肌のバリア機能を弱らせないように素早く洗い落としましょう。

しかも優しく洗ってください。

(優しく洗うコツは中指もしくは薬指を使って下さい)

肌をゴシゴシと擦るとこれもバリア機能を低下させる原因になります。

そして帰宅後にすぐメイクをさっぱり落として、

肌を解放させてあげてください。

 

長時間メイクをしていると密封されて肌に負担がかかります。

(1分以内が理想ですね)

このような点に注意して、クレンジングをしましょう。

クレンジングは色々試してきましたが、本気で和漢クレンジングがオススメです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ