和漢クレンジングで顔の皮脂をコントロールしよう

和漢クレンジングで顔の皮脂をコントロールしていきましょう。

というのも、顔の皮脂はちゃんとお手入れをしてあげないと

余分に出たりして反ってお肌が油ギッシュになってしまったりします。

お肌のために化粧品やスキンケアにこだわることは当然のことです。

美容成分たっぷりの美容化粧品を購入したり、

正しいスキンケア方法をしっかりと学んで実践して見れば、肌は美しく生まれ変わります。

 

images (9)

 

少なくても何もしていない人よりも何らかの美容方法を利用している人の方が、

数年後のお肌が美しくなります。

お肌を美しく保ちたいと言う人は、若い頃からしっかりと美容に気をつけていましょう。

 

スキンケアの中でも重要なのが汚れを落とす作業と肌に潤いを与える作業です。

この二つをしていないと、美肌にはなれません。

今回は特に汚れを落とす作業に注目して見ましょう。

肌の汚れを落とすために使われるのは、「クレンジング」と「洗顔」です。

この作業中に一番重要なのはなるべく肌を摩擦しないことです。

肌をゴシゴシ洗って摩擦すると、バリア機能というのが低下します。

バリア機能が弱まっている内に細菌が肌に入ると簡単にお肌は荒れてしまいます。

肌を摩擦してしまうと、ダメージを負い、肌荒れが起こりやすくなるのです。

積み重なると肌が老化する恐れもあるので、気をつけてください。

 

汚れを落とす作業では、なるべく力を込めないで優しく洗い落としましょう。

また優しく洗うだけではなく、素早く落とすことをオススメします。

ここのチカラ加減が難しいですがゆっくりしすぎてもダメなので

1分以内を目安に頑張ってみて下さい。

 

それから洗浄力が強いものは、洗いすぎに注意(特にオイル系)です。

洗浄力が強いクレンジングや洗顔を使うと肌の必要な皮脂まで落として、

乾燥しやすくなってしまうのです。

洗浄力の強い洗顔やオイル系のクレンジングを使う場合は、

あまり何度も洗わないように注意してください。

できればオイル系よりも洗浄力の弱いものを使った方が、

肌を刺激しないで済むので良いのですが、

洗浄力の低いクレンジングは、なかなかメイク汚れが落ちないと言う問題点がありますよね。

 

落ちなければゴシゴシ擦ってしまって、結局肌を傷つける可能性があります。

そんなときは落ちにくい部分だけ、洗浄力の高いクレンジングを使いましょう。

使い分けることで、適切なスキンケアができます。

 

ジェルタイプが結局のところ一番、使い勝手が良い事に気づくと思います。

ミルクタイプは少し落としきれない事が多かったので

和漢クレンジングのようなジェルタイプを使うようになってから

気になる事がなくなりました。



 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ