ストレスと上手に付き合う方法

健康な肌を維持するためにはストレスとも上手に付き合わないといけません。

ストレスがあると、お肌の再生が遅れたり、身体にとってもよくありません。

その方法をここでは取扱いたいと思います。

ストレスは自分が知らないうちに溜め込んでしまっています。

そうです、気が付かない事の方が多いのです。

 

 

では見ていきましょう。

  1. ストレスについて話す
  2. 自分を喜ばせる
  3. ストレスを笑い飛ばしてみる
  4. 運動する
  5. ノーとはっきり言う
  6. 現実を受け入れる
  7. 物事に優先順位をつけてみる
  8. 前向きに考えてみる
  9. 新しい事をする

ストレスを感じている際は出来るだけ近くの人に自分は「~で苦しんでいる、悩んでいる」と

相談してみましょう。そうする事でストレスの原因が相手だとしても解決の糸口になります。

 

自分を喜ばせるとは自分が1番好きな事をとにかくやることです。

1番好きな事をする事でストレス解消になります。

 

ストレスを笑い飛ばす必要性があります。

ストレスというのは憂鬱なもので、放置しておくと溜め込んでしまいます。

笑うという行為は実は非常に重要でエンドルフィンの生成が刺激されて

幸福感が生まれます。

涙を流すというのも一つの自己解放です。

感情を刺激する事が重要ですね。

 

images (8)

 

運動をしましょう。

私はジムに週2回以上は通っています。

こうすることでアメリカの研究によれば心拍数を120以上あげるような運動を

20分~30分を週に3回すれば12週さかのぼるところからの鬱やストレス不安がなくなる

という事です。

運動は意外と効果的です。

いや、私も最初は「なんでこんなしんどいことを、自ら進んでやろうとしているのだろう・・」と

考えていましたが

不思議な事に運動が終わると「あー、今日もジムに来て良かったなー」と感じて帰れるのです。

1つのストレス発散になっています。

 

嫌な事はノーといいましょう。

私たち日本人はノーとなかなか言えませんね。

私もそういう口なのですが、そんな私がこれを克服した事例を紹介しましょう。

凄く簡単な事です。

断り方が見つからない・・・・という事の方が多いでしょう。

「なんて言葉を使って、断ろうか・・」と多くの人が考えていると思います。

私の今の場合はこうです。

「ノー」

これだけです。

そのまんま、英語で「ノー」と返しましょう。

これが重要なのです。

色んな理由をつけて断ろうとしますが、たんに「ノー」。

これだけで相手も「ええっ!?」と感じて、それ以上つっこんできたりしなくなりますよ。

身につけるとだいぶ役に立ちます。

 

現実を知る事は重要です。

自分を知るという事が大事なのですよね。

特に弱い自分を受け入れちゃいましょう。

 

計画を立てて優先順位で行動するというのは

心の整理にもなります。

「あれもこれもいっぱいあるー」と感じる事がそもそものストレスです。

こういったストレスはノートに落ち着いて何をしないといけないのか書き出す行為が重要になります。

 

前向きに考える事です。

人間はプラスとマイナスどちらも備えています。

プラスだけでもダメです。

例えば崖が目の前にあると分かっているのにプラス思考だけなら

「あー、崖がある、飛んじゃおうかなー」となって死んでしまいます。

マイナス思考もあるからこそ、崖の手前で「飛んだら死ぬ」と踏みとどまれるのです。

人間にはプラスとマイナスがあるからこそ、そのバランスで人間なのだという事を

知っておく必要があります。

バランスでいえば少しばかりでいいからプラスの方があなたの中で勝っているくらいが

ちょうどいいのです。

 

自分に優しくしましょう。

それこそ、普段はあんまり入浴しない人なら入浴をしたりすると良いでしょう。

リラックスはストレス解消になります。

 

以上のような感じですね。

ストレスと上手に向き合ってお肌のトラブルをなくしていきましょう。



 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ