和漢クレンジングで綺麗な肌になる

和漢クレンジングをその使い方までよく知る事で

今のお肌はもっと綺麗な肌になる事が出来ます。

クレンジングはお肌の今後を決める重要な役割を担っています。

私の知り合いの奥様とひょんな事からクレンジングの話題になって

聞いた旦那さんの話です。

 

images (10)

 

旦那様のクレンジングはメンズビオレだそうです。

すっきりさわやかという感じのタイトルが書いてあるのに、

旦那様の顔はちょっぴり脂ぎっているそうです。

多分洗った時にはさっぱりなのかもしれませんね。

夏が近くなると、仕事の関係上埃っぽい所で作業するので、顔のあぶらが気になるようです。

メンズのクレンジングウエットタイプを持ち歩いているそう。

ここだけでもかなり意識が高いなと思いました。

 

その奥様の方は化粧落としのクレンジングはDHCのディープクレンジングオイルを使っています。

長年使っているので、ほかの商品を使う気にはなれないそうです。

しかし、実家の母親がアスタリフトの化粧品を使っていて、

最近、クレンジングも使い始めたので、勝手に使ってみたら、とても良かったと言うことです。

化粧品も使いごごちいいし、高い化粧品は違うなと痛感しているそうです。

しかしそんな母親は朝の洗顔は水だけ。なぜ、そこは適当なのかwと不思議ですw

クレンジングをやる目的は、やはりメイク汚れを落としきる事だと思いますが

メイクをしなくて済むならクレンジングは要りませんね。

でも洗顔はしないと皮脂汚れが落ちませんので

完全に何もしなくて済むという事はほぼありえません。

 

子ども達はしっかり体を洗ってしまうと、あぶらが落ちてしまい、湿疹が出来てしまいます。

泡で体を洗うようにしていますが、冬は特に要注意です。

酷くなると、病院に行って薬をもらわないといけなくなりますから。

クレンジングはやり過ぎてもダメだし、やらなくてもダメだし、難しいです。

肌への負担を減らして皮下内の水分維持が大事になってきそうです。

 

そんな中、私が普段使っているのは肌の水分維持まで考えた

天然由来成分のジェルタイプクレンジングです。

男性でも十分に使える仕様となっています。

それがこの和漢クレンジングジェルです。

一度参考にしてみてください。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ