和漢クレンジングで顔の皮脂が減った

和漢クレンジングを使う事で顔の皮脂が減ったよ。

顔の皮脂はもうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが

取り過ぎても過剰に出てきてしまいます。

そうならない為にも、適度な洗浄と保湿が重要になってきます。

和漢クレンジングではそれが可能です。

クレンジングは年齢を問わず重要です。

すっぴんを見せたくなるような肌に保つならなおさらです。

メイクや季節によって、クレンジングを変えていますか?

季節やシーンに合ったクレンジング選びについて紹介します。

 

images (1)

 

寒い季節のクレンジング

気温が低いと、クレンジングの油分とメイクが混ざりにくいです。

寒いとメイクの落ちが悪くなるということです。

そんな季節に強い味方になるのが、ホットクレンジングです。

マッサージしながらメイクを浮かせることができるのが特徴です。

肌の上で温かい感触なので、メイクと馴染ませやすいと思います。

クレンジングの量は肌を擦らない量、取って下さい。

メイクを浮かせたらぬるま湯で丁寧に洗い流します。

ホットクレンジング後、洗顔が必要だと思ったら洗顔しましょう。

肌の水分量を見て、洗顔するかどうかは決めるといいと思います。

脂の落とし過ぎは肌荒れの原因になるので様子をみて洗顔しましょう。

 

暑い季節のクレンジング

気温が高いと汗とメイクが混じった状態でクレンジングしていませんか?

汗をかいたままクレンジングするとメイクをきちんと落とせません。

汗は水分、クレンジングは油分なのでクレンジングがメイクに馴染まないからです。

帰宅後、クレンジングを始める前に汗を拭いてから始めて下さい。

暑い季節だからといって、洗浄力が強いクレンジングを使うのは危険です。

オフィスや移動先で冷房が入っているので肌は乾燥しています。

乾燥を補うような、クレンジングを使うことで肌の乾燥は防げます。

肌の水分を保って、バリア機能を働かせ美肌を目指しましょう。

 

クレンジングが面倒なら

仕事や飲み会が終わり、家に帰ってクレンジングするのは大変です。

遅くなった日はシートタイプのクレンジングなら簡単です。

ベット近くに置いておけば、横になりながらクレンジングできます。

クレンジングシートは大きめのシートで肌当たりの良いものがいいでしょう。

ポイントメイクをしている人はまつ毛や口紅を落とします。

ここでシートの汚れ具合を見て、白い面が少なければ替えて下さい。

優しく顔全体の汚れを力を入れないで落としていきます。

シートクレンジング後に保湿クリームがあれば塗って寝ます

 

クレンジングをして肌の汚れを落として寝ると、次の日の肌が違います。

面倒でも便利なクレンジングを使って肌を清潔にして寝ることを心がけたいです。

顔の皮脂を減らすには、日々の努力でどうとでも出来ます。

私も最初は、なぜかテカリやすかったのですが

今では以前よりも落ち着いて気にならなくなっています。

 

クレンジングは沢山売られていますからその成分など、調べるのは大変だと思います。

私は、和漢クレンジングをこのサイトでオススメしています。



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ