和漢クレンジングで鼻の毛穴除去をしましょう。

和漢クレンジングで鼻の毛穴除去をやりませんか。

といっても毛穴パックのようなものとは違いますので

毎日のケアとしてやる方法です。

 

和漢エキス&無添加メイク落とし【ビオルガクレンジング】

 

毛穴パックが良くないと良く聞きますが

毛穴パック自体が悪いわけではありません。

その使い方が少し難しいのです。

 

images (1)

 

毛穴パックで良く耳にするセリフは

毛穴が広がって、鼻がブツブツになったというような類のものですが

確かに毎日にように毛穴パックを使えばそうなってもおかしくはありません。

 

ではどのようにすれば毛穴パックと上手に付き合う事が出来るのでしょうか。

まずは

毛穴パックを使用する前によく肌を温めましょう。

肌が温まることによって毛穴が広がります。

 

そうなんです。

毛穴パックで角栓が引っこ抜かれるのは仕方ないことなのですが

その際に毛穴がガッツリ広げられてしまうことが問題なのです。

無理矢理にガッツリ広がった毛穴はすぐには元に戻りません。

 

なので

毎回毎回毛穴パックを使えば常に角栓が無理やりぬけて

穴が広がった状態が続いてしまうのです。

 

ではどうするべきか

冷水で冷やすというのはひとつの方法としてはありなのですが

それだけではあまり意味がありません。

出来れば32度の温度で肌の水分を減らさないようにしましょう。

肌は敏感なので温度に影響を受けて肌が乾燥しやすくなります。

32度よりも高くても低くても乾燥に肌はなってしまいます。

 

そのためには

32度を意識した上で

しっかりと水分が飛ばない美容液を使うべきなのです。

肌から水分がなくなって乾燥肌であれば、角栓が落ちた毛穴が元に戻りにくくなります。

つまりそれだけ毛穴が広がる要因になります。

 

毛穴も皮膚組織です。

その毛穴の周りの皮膚組織に水分が潤っていなければ

毛穴は閉じにくくなり、毛穴は広がってしまい。

結果として毛穴パックのせいだ!

と声を大にして言うことになるのです。

 

もうお分かりだと思いますが

どんな手段を取ったとしても

最終的に大事なのは水分を飛ばさないケアなのです。

水分を守る働きがあるのがセラミドという成分です。

これが入っていない美容液は皮膚水分の事を考えていません。

 

私は常にこのサイトでその大事さを伝えています。

 

水分を守るセラミド入り美容液はこちらから

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ