和漢クレンジングを使う以外に老けない人は何を食べているのか

老けない人は何を食べているのでしょうか。

老けるというのは肌が乾燥してしまうことでハリがなくなってくるから起きる現象でもあります。

乾燥肌にはケアに気を使っていてもなってしまうことがあります。

和漢クレンジングを使っていますが、乾燥は防げます。

しかし、老けない人というのは食生活でいったい何を食べているのでしょうか。

乾燥肌対策には色んな方法がありますが合わせて食生活も見なおしておきませんか。

 

images (2)

 

肌は環境の変化に弱いので

寒い、暑いに弱いです。

特に冬場の寒さは血液のめぐりが悪くなるので

乾燥肌になりやすいですね。

 

乾燥肌になる原因はそれだけではありません。

ストレスや生活習慣なども影響をしてきます。

現代社会ではストレスが主に影響を与えている原因になってそうですが

食生活も馬鹿に出来ません。

 

食生活はとにかく乱れやすいですよね。

コンビニやファーストフードなどいたるところに食が目に付きますし

ちょっと間食、、、という事で食べてしまいがちです。

 

どの食べ物がいいというのはありませんが

肌の水分を守るのはセラミドと呼ばれる細胞間脂質なのです。

これが元気をなくせば乾燥肌に陥ります。

つまりこの細胞間脂質を元気にするために食を考えなければ

いけません。

 

細胞間脂質を元気にするのがビタミンCです。

ビタミンCは肌がコラーゲンを作ってくれるのを助けます。

コラーゲンにより肌が弾力を持ちますので

食ではビタミンCをゲットするようにしましょう。

 

セラミドについては口から入れてもセラミドは増えるわけではありません。

セラミドは皮膚表面からの吸収をさせるべきです。

皮膚表面下にあるのがこのセラミドですので

直接美容液などで塗りこんであげる方が効果が高いです。

 

よく耳にするヒアルロン酸もセラミドを直接つける事に敵いません。

無水ヒアルロン酸はまた違います。

 

乾燥肌対策には、ビタミンCを中心に食を考えていきましょう。

老けない人は何を食べているのかをはっきりさせてお肌を生き生きとさせていきましょう。

 

セラミドを直接塗りつけたい方はこちらから

 

button_001

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ