赤ちゃん肌にする方法は和漢クレンジングを使う事です

赤ちゃん肌にする方法は和漢クレンジングを使用するかそれが無理なら

重曹で肌の古い角質を取る事で

ピーリング効果を得る事が出来ます。

よく洗い物に使われる重曹なのですが

これがピーリングに使えます。

 

ダウンロード

 

また重曹には2種類あって

食用の重曹と掃除用の重曹とに分かれます。

どちらがいいのかというと

もちろんピーリングを用意出来るならそれに越したことはないのですが

用意できないのであれば食用の重曹を使う方がいいですね。

 

粉状と液体状のモノが存在しますが

粉状のものに水を含ませてご使用なさってください。

 

ピーリングは古い角質を取るものなので

肌を痛めやすいですから使用は月に1度、多くて2度を目安に

このサイトではお伝えしています。

和漢クレンジングでいいのをお探しであれば以下の商品を参考にしてみてください。

重曹はいつでも買えますしね!



もちろん重曹を使ったピーリングでも例外ではありません。

とにかく肌が傷みやすく、重曹で洗った後は

乾燥しやすいです。

この乾燥は必ず防がないといけません。

ここで乾燥させてしまうと、どんなに綺麗に角質をとっても意味がありません。

 

重曹やピーリングを使った後はすぐに保湿するために美容液を塗るようにして下さい。

肌は乾燥に弱く、皮膚表面の水分をセラミドが守っているのですが

このセラミドを補給するような美容液が好ましいです。

そして出来れば、クリームというよりかはジェルのようなオイリーでないものが好ましいです。

 

いちおう私が使っているセラミドの美容液がそうなのですが

もし乾燥対策を考えられているのであれば、このような美容液を使って対策をして下さい。

赤ちゃん肌にする方法で一番重視したいのは

しっかり落ちるクレンジングを使って、きっちり保湿する事です。

これを守っていれば今の肌よりも質が上がっていってより理想の赤ちゃん肌になれます。

 

button_001

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ