和漢クレンジングでいちご鼻を治すには

いちご鼻を治すにあたって気を付けたいポイントがあります。

まずは、いちご鼻を治すのに鼻の環境を整えてあげる事です。

和漢クレンジングを使う事で鼻の環境はだいぶとよくなります。

そしていちご鼻の原因となる角栓について知ることです。

 

ダウンロード (1)

 

いちご鼻は嫌ですよね。

毛穴パックのやりすぎが私の場合は一番ダメでした。。

毛穴パックは月に1回までと心に決めましょう。

(しかしながら毛穴パックで角栓がごっそり取れたのを見ると

病みつきになってしまいますよねww)

 

毛穴パックは角栓がごっそり取れて良いのですが

なんといっても無理やり角栓を引っ張り出していますので

一時的に毛穴が広がってしまいます。

これを何度もすればどういう事になるのか、、、

だいたいお察しの通りだと思いますが、毛穴が広がった状態が続いてしまいます。

毛穴が広がってしまうと、ほこりがたまりやすくなり、角栓も大きくなります。

またいちご鼻に見えてしまう最大の要因である、毛穴の陰影を作ります。

もう、毛穴パックの気持ちよさがどれほどの後悔をもたらすかお分かりだと思います。

(月1ならオッケーです)

 

角栓は放置していても出来ます。

これは毛穴を守るためでもあるからです。

勘違いしてはいけないのが

角栓は出来るものですが、角栓を大きくしてしまうほど放置をしてはいけないという事です。

 

いちご鼻を少しでも治すためにすべきことは鼻の環境を整える事だと言いました。

毎日メイクをした後、そのままで寝てしまったりしていませんか。

毎日のメイク落としの為にクレンジングを忘れずにしましょう。

クレンジングが終わったら確実に洗顔をしましょう。

先ほども言いましたが、毛穴が綺麗になったら、必ず引き締めないといけません。

そのためにも、鼻にも潤いを与えましょう。

鼻にも美容液をちゃんとつけてあげましょう。

この際に使用すべき美容液はクリームというよりかは、セラミド入りのジュレ状のものが良いです。

クリームは油分が多くて、小鼻はただでさえ油分が多いですので

出来るだけセラミド入りのジュレタイプの美容液でサッと終わらせましょう。



私は、クレンジングには洗浄力が強すぎないものをおススメしています。

この和漢クレンジングは私が選んだ中では最良のものです。

一度、いちご鼻に悩まれているようでしたら環境づくりのために使ってみましょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ