和漢クレンジングを使い、いちご鼻に蒸しタオルでケアする方法

和漢クレンジングを使っていますか?

和漢クレンジングを使う前には

いちご鼻に蒸しタオルでケアする方法が良いので紹介します。

images

 

基本的に蒸しタオルだけではあまり効果がありません。

蒸しタオルで肌を一時的に温めただけでは肌はすぐに反応しませんし

蒸しタオル自体もすぐに温度が下がるためです。

 

どちらかというと蒸しタオルは毎日のケアの補助的な役割を担います。

どういう事かといいますと

毎日のケアで必要なのはクレンジングです。

クレンジング自体が最近は肌と反応すると温かくなるものが出ていますが

そうでないクレンジングも存在します。

よくクレンジング自体を手のひらで温めてからつけると指導されている方も

いらっしゃいますが、実際に温めるという事は大事です。

そこで蒸しタオルの出番がやってくるのです。

あなたのお使いのクレンジングが元から温かくなる成分が入ってないものでしたら

蒸しタオルによるケアは効果が期待できます。

 

■蒸しタオルの作り方

フェイスタオルを水につけて絞って電子レンジの500wで30秒温めましょう。

やけどに注意しましょう。

最初は温める時間は短い時間にしないとこんなところでやけどしてしまったら

元も子もありません。

クレンジングをする前に蒸しタオルで毛穴を少しでも広げておきましょう。

そしてクレンジングを付けたあとも蒸しタオルで1分ほど待ちましょう。

その後は通常通りクレンジング剤を十分な水で洗い落します。

蒸しタオルで拭いてもいいですが、そのタオルのキメが細かいのでしたら

オッケーです。

優しく出来るだけ摩擦をさせないようにふき取りましょう。

その後は美容液を付けるわけなのですが

蒸した後の肌は非常に乾燥が早く訪れます。

出来れば30秒以内に美容液を付けるようにしましょう。

 

こうする事でケアしていきます。

いちご鼻もこれを続けていれば改善されていきます。

皮膚の一番上の層の水分が飛ぶことで肌の弾力がなくなります。

余計な皮脂をとり、水分を守り、肌が新しいコラーゲンを作ってくれる環境を

整える事がいちご鼻を解決する近道です。

 

私はクレンジングに関しては元から温める必要がない

和漢クレンジングを使っています。

これだとクレンジング自体がすでに温かいので毛穴が開きやすくなっていて

便利です。

クレンジング自体の洗浄力も強すぎないので肌へのダメージも軽微です。



 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ