和漢クレンジングで化粧水による肌荒れ対策をしよう

和漢クレンジングを使って化粧水などによる肌荒れ対策をしませんか。

化粧水に負けてしまうというのは肌が荒れている証拠です。

ピリピリと痛いのは負けてしまっています。

化粧水を変えるまえにまずはその前の段階である

クレンジングやその方法を見直しましょう。

肌が荒れるというのは乾燥をしてしまっているので

乾燥対策をすることが一番の解決法となります。

 

鼻が乾燥して化粧がしにくい人のために。

鼻は皮膚が薄いためにすぐに乾燥します。

目の周りや口の周りもそうですが、乾燥しやすい部分には

適切な対策を取らなければなりません。

 

images (13)

 

鼻の頭がぺりっとめくれる、、そんな症状が出ているのでしたら

以下の2つの対策を早急に始めましょう。

 

  • セラミド入りの美容液を洗顔後の30秒以内に肌に塗りつけましょう。
  • ビタミンCを取る、もしくはビタミンC誘導体の美容液を塗る

 

詳しく説明しますと

肌というのはセラミドと呼ばれる成分で皮膚内の水分が蒸発するのを

防いでいるのです。

このセラミドがなくなってくると乾燥肌になります。

例えば、水を沢山飲んだからといって皮膚の水分が増える事はありません。

コラーゲンを沢山飲んだからといって胃で分解されるために、肌がプルプルに

なるということもありません。(ビタミンが足りてない分が補給されて若干の変化はあるかもしれません)

それよりも皮膚に直接働きかけるような施術をするべきです。

 

セラミドを壊さない、乾燥させないためにセラミド入りの美容液を塗って

水分の蒸発を防ぎましょう。

洗顔後はすぐに水分が消えていきます、お風呂で洗顔しているのでしたら

お風呂上がりの30秒が勝負です。

水分が飛ぶ前にセラミドで水分を守りましょう。

ビタミンCを摂取するか、直接ビタミンC誘導体を肌に与えましょう。

ビタミンCを手にしたら、肌はコラーゲンを生成できます。

 

イマイチ化粧乗りが悪いと感じているのなら

化粧の前の段階である洗顔やその後のお手入れを見なおしてみる事を

オススメします。

 

海のブレアはセラミド入りの美容液です。

乾燥対策を考えてられるのでしたらオススメいたします。

 



 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ