和漢クレンジングで鼻のぶつぶつを治す方法を紹介。

鼻の角栓が詰まっていてどうすればいいか分からない、

取ってしまっていいのか、鼻のぶつぶつを治す方法を取り扱います。

和漢クレンジングをご存知でしょうか。

鼻のぶつぶつ汚れは角栓によるものです。

それを和漢クレンジングでスッキリ落としきりましょう。

 

images

 

鼻の角栓を取る方法ですが

毛穴パックは絶対にヤメておきましょう。

1度使って、びっしりと取れた角栓を見て病みつきになる方が多いのですが

毛穴の奥の奥からごっそり取れてしまいます。

簡単には、抜けた部分が元通りにならないので、汚れがまた詰まるという

悪循環が起きますので、私はオススメしていません。

また毛穴パックのノリの部分の乾燥はかなり強力で、肌表面へのダメージも深刻です。

後悔しないためにも、このサイトを訪れて下さった方には

毛穴パックに興味を持たれているのなら

是非踏みとどまってもらいたいものです。

 

角栓取りスティックというものもオススメできません。

角栓を無理やり押し出す系のアイテムは

角栓との戦いを泥沼化させます。

 

皮脂だって正常な時でも勝手に出ますし

肌が正常に機能するような環境さえ整えてあげれば

今すぐに、綺麗にならなくてもいずれ目立たなくなります。

 

肌へのダメージが減るだけでもかなり変わってきます。

 

ではどのようにお手入れをしていけば良いでしょうか。

 

私がこのサイトでオススメしているのは

クレンジングをまずはしっかりやりましょう!ということ。

クレンジングは基本です。

角栓の汚れの原因はメイクなどの脂汚れです。

これをクレンジングで落とす努力がまずは第一。

そしてクレンジングは肌へのダメージが少ないものが重要。

合成界面活性剤が出来るだけ使われていないものを使う。

 

合成界面活性剤はそもそも何かというと

水と脂を混ぜあわせたもので、これがあるゆえに

脂汚れを落とせたり出来るのです。

逆に乳液やクリームなどを精製するのに使われたりします。

便利なやつなんですよね。

ただ、なんでこれが微妙なのかというと

皮膚表面の水や脂の分解によって乾燥肌をもたらすからなのです。

お肌にとって一番大事なのは、皮膚下の水分です。

出来るだけ界面活性剤の使われていないクレンジングを

使うようにしましょう。

そして洗顔をしてたっぷりのセラミドを含んだ美容液で

水分を逃さないようにしましょう。

 

この環境を整えてあげるだけで

だんだん黒ずんだ鼻の角栓は綺麗になっていきますよ。

これが鼻のぶつぶつを綺麗に治す方法です。

完治は難しいです、なんと言っても角栓は自然に出来るものですから。

ただし、ぶつぶつになるのは明らかにクレンジングなどで汚れを落としきれていない証拠です。

私が使っているクレンジングは上記を満たしているので

是非参考にしてみて下さい。



 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ