和漢クレンジングで赤ちゃん肌になるにはどうすれば良いのでしょうか

赤ちゃん肌になるにはどうすれば良いのでしょうか。

色んなケアの仕方はあると思います。

洗顔前のケア、洗顔後のケア、普段のケアなど

その状況において色々ありますね。

和漢クレンジングを当サイトではオススメしていますが

ここでは32度のお湯で肌を洗う努力をオススメしています。

 

ダウンロード

 

大体人間の顔の肌温度は32度くらいなのです。

そして老化の原因や肌トラブルの原因となる皮脂が

溶けだす温度が30度なのです。

まず絶対条件は30度以上のお湯で顔を洗うということになります。

 

しかし30度以上で洗えばいいというわけではありません。

肌はある温度から必要な潤いの成分まで落としきってしまう温度に

なってしまいます。

その温度とは33度以上という事になります。

 

あなたの肌はカサカサしていませんか、

風呂あがりのカサカサ感、つっぱり感が出ているのでしたら

この温度の管理をするだけでかなり良い方向に変化が訪れます。

 

皮脂は30度で流れていきますが

33度以上の高い温度で溶かしだすと

より皮脂の分泌が盛んになってしまいます。

もうお分かりのように

32度という温度を出来るだけ厳守してもらいたいのです。

 

しかし31度以下だと皮脂を含め他の汚れもきっちりと落ちきるとはいえません。

とにかく32度にこだわるのが良いです。

私はお風呂の自動設定で32度を設定しています。

意外と冷たいので、まずは顔を洗う際は32度を意識して

その後は温浴などをして顔に熱い温度をかけないように心掛けていきましょう。

32度はかなーーり冷たく感じるはずですよ。

 

和漢クレンジングは付けた瞬間から肌が温まりますので

特に熱い温度のお湯で洗う必要はありません。

この32度を出来るだけ意識してお肌に接する事が出来れば

それだけで赤ちゃん肌に近づく事も可能です。

 

和漢エキス&無添加メイク落とし【ビオルガクレンジング】

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ