和漢クレンジングを使っているのですが肌のキメは遺伝が関係していますか

肌のキメに遺伝は関係しているのでしょうか。

肌に遺伝は関係していると言えます。

和漢クレンジングなどで肌のキメに一生懸命になっていても

それを聞くと

「ががーん、もう何をやっても無理なんだー」

とお思いの方もいらっしゃると思いますが

女性なら25歳以降はケア次第で遺伝を超える事が可能となります。

まぁ25歳までならもう遺伝が原因といっても過言ではないのですけれどもね。

 

images (16)

 

実際は25歳までの方が肌について色々と試行錯誤をして

気になる年齢だと思うのですが

仮に綺麗な肌をしていても、その後何もしていなかったら年齢にやられます。

「いや、じゃあ元から遺伝的に綺麗な人がその後も努力を続けたら、、、」

はい、勝てませんw

しかしあくまでも人との比較ではなくおそらく自分との戦いなので

そこらへんは気にしない方向で行きましょう。

和漢クレンジングで肌を常にクリアな状態にしておくのは

キメを維持するのに最低限必須なので

やはりやっておくに越したことはありません。

 

和漢エキス&無添加メイク落とし【ビオルガクレンジング】

遺伝と言われていますが

同じ肌質で生まれた双子の女性2人が

一人は紫外線をあまり浴びる事なく生活をし

もう一人は紫外線を浴びて生活をしたら

やはり紫外線を浴びた方の女性の肌は老化が早かったのです。

このように、ケアの仕方や生活によって肌のキメ自体も変わります。

「わたしたちの努力は無駄ではなかった!!」

 

秋田美人や北海道美人という言葉を聞くことがあるかもしれませんが

確かに肌が白くて綺麗な人が多い印象です。

その原因は、それぞれの地域では全国的に比較しても

日照時間が短いのです。

つまり紫外線対策をきっちりするというのが一つの解決策となります。

 

また生活習慣というのもかなり影響を与えます。

遺伝というものを超えるくらいの要素です。

喫煙は止めましょう、血中のビタミンBの使用感半端ないです。

栄養不足の中でもビタミンCは錠剤でもいいので摂取しましょう。

睡眠不足も危ないです。

8時間寝てたら問題ないって事はありません。

8時間でもちゃんと夜22時~深夜2時までに寝て

8時間取るのなら問題ないです。

 

糖分も控えましょう。

すっごく細かい事を言うと

先ほど言った22時~深夜2時までに寝ると

成長ホルモンというのが体から出ます。

これが身体の修復機能を果たしますが

糖質というのはこの成長ホルモンを減少させます。

 

糖質はエネルギーとしてはいいのですが

身体を鍛える事などをしないのであれば使われる事なく

身体に蓄積してしまいます。

糖質のデメリットを良く知る事で私たちは糖質と上手に向き合っていきましょう。

 

生活の中で

肌の外部要因はだいたいこんな感じで解決していって下さい。

最後に肌の内部要因ですね。

キメを作るためには、とにかく肌から水分を減らさないことが大事ですので

保湿として使うものには水分を守るセラミド入りの美容液を使うようにして下さい。

セラミド入りでないのならケアしているとは言い切れません。



肌のキメは遺伝によりますが、25歳以降は努力で頑張るしかないのです。

ここで努力をしなかったら、、、肌は老化していく一方です。

お互いに頑張っていきましょう!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ