和漢クレンジングを使って鼻の穴が大きく見えるのを防ぐ

和漢クレンジングなどのクレンジング剤を上手に使っていますか?

どんなに良いクレンジングを使ってもその使い方次第では逆効果になります。

特に、鼻の穴が大きく見えるのを防ぐには正しいケアが必要となります。

鼻の穴が大きい、、これは毛穴が広がっている状態です。

毛穴が広がる条件は、乾燥などですが、特に毛穴の脂を取る道具の

使い方なども影響してきます。

 

ぷるんと弾む潤った肌は女性の憧れです。

でも、間違ったスキンケアをしていると、たちまち乾燥して荒れてしまい、

放っておくと白く粉が吹いてしまうことも。

顔が肌荒れする原因となる数種類のクレンジング方法をここでは取り扱います。

簡単にいえば、こんなんをやっていると顔がいつまでたっても

綺麗にならないよ!という例になりますので、反面教師として利用しましょう。

今回はスキンケアの第一段階であるクレンジングから、

お肌をガサガサにしてしまうク方法をチェックしてみましょう。

 

images

 

 

■クレンジングは断然落としやすいオイルタイプ

「どんなバッチリメイクもクレンジングオイルなら手軽に落とせてとても便利です。

その上安価で手に入りやすいので、どんなメイクの時もオイルでスッキリクレンジング!」

 

オイルタイプのクレンジングはミルクやジェルなどの他のタイプと比べて

界面活性剤を多く含んでいるため、肌への刺激も計り知れません。

もしぷるぷるお肌を手に入れたいなら、ホホバオイルやオリーブオイルなど

界面活性剤を含まない肌に優しいオイルを使用しましょう。

 

また、薄いメイクの時にはミルクタイプのクレンジングを使うなど、

クレンジングの使い分けも重要です。

 

■少しでもケチりたいから、使うクレンジングちょっとだけ

「ほぼ毎日使用するクレンジングは買い替えも頻繁で、金銭的にもそれなりに負担。

特に、肌に優しい高価なクレンジングはできるだけ長持ちさせたいから

必要最低限だけを出して使っている。」

 

使用するクレンジングが少ないと、摩擦による刺激で肌がダメージを受けてしまいます。

たとえミルクタイプや高価なクレンジングを使っていたとしても、たっぷりと手に出して、

手と顔の肌の間にクレンジング剤があることを意識しながらふんわりと洗いましょう。

 

■メイクはとにかくゴシゴシと擦り落とす

「何度も何度もしっかり擦って洗います。目元や口元のポイントメイクも、これでバッチリキレイ」

ゴシゴシ洗いは肌に負担が大きすぎます。

今は大丈夫見えても、蓄積されたダメージがいつ表面化するかわかりません。

歳を取っても美しい肌でいたいなら、たっぷりの泡でふんわり洗うようにしましょう。

 

■その温度が気持ちいい!熱いお湯や冷たい水で洗い流す

「お湯はメイクを浮き上がらせてくれそうだし、水は毛穴を引き締めてくれそう。

温度も気持ち良くて病みつき」

熱いお湯は、蒸発する際に肌の水分もどんどん奪っていってしまい、乾燥肌を加速させてしまいます。

逆に冷たい水も、メイクを落としきる前に毛穴が締まってしまうので、

毛穴の奥にメイクを詰まらせる原因となってしまいます。

メイクを落とす時には、36度くらいのぬるま湯を使いましょう。

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

しっとりお肌を目指しているのに一つでも身に覚えがあるなら要注意です。

大切な顔の肌が荒れてしまいますので上記の事を気をつけながら

クレンジングに向きあいましょう。

クレンジングでオイリータイプでないモノでオススメのはこちらの商品です。



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ