和漢クレンジングで赤ちゃん肌になる洗顔をしよう。

女性にとって「肌がきれいだね~」と言われると誰だって浮かれてしまいますよね。

和漢クレンジングを使い洗顔することでまるで赤ちゃんのような肌を目指しましょう。

もちろん、自分ではあまりきれいだと思っていないのに

白々しくこのような発言を聞かされると、逆効果になってしまうこともありますが。

 

この褒め言葉は、

どちらかと言うと同姓である女性から言われたほうがより嬉しくありませんか。

何と言っても同姓であるがゆえに敵でもあるわけですから。

今日は「美肌だね~」と頷いてもらえるように、どのように肌の手入れを日々行えばよいか、簡単にお話しましょう。

 

images (6)

 

 

まずは、何よりも洗顔です。

肌の透明感は

やはりしっかりと肌表面の異物(化粧品、油、汗など)を取り除くことが基本です。

洗顔剤は何でもよいかと思いますが、いくつか試して自分の肌に合うものが一番なのは言うまでもありません。

 

クレンジングで大切なのは、よく泡立てることです。

手で泡立てるのは非効率なので、やはり洗顔用の出来る限り細い目でできた網を使って

少量のクレンジング剤で泡立てることをお勧めします。

そして顔全体を優しく覆ってゆっくりと洗顔するといいですね。

また、すすぎはしっかりしないと異物が残り肌によくないので、すすぎは十分にしましょう。

このすすぎを十分にされない方が多いです。

これでは汚れが落としきれておらず、非常にもったいないです。

 

そして、美肌には何よりも洗顔後

できるだけ早い時点で保湿してあげることが大切です。

クレンジング同様、自分の肌年齢に一番あった化粧水と保湿クリームを使うのが効果的です。

これらには添加物も結構入っているものもあるので、

できるだけ肌にあまり刺激を与えない商品を選択するのがいいですね。

 

一般的に、

肌をカバーする商品をつけるときにケチって付ける方がいますが、これは考えものです。

肌年齢にもよりますが、美肌には十分な保湿がクレンジング後には特に必要となるため、

ケチって使うのはやめましょう。

 

クレンジング~保湿に関しては基本的な美肌対策ですが、

それ以外には体によいものをできるかぎり摂取すること、

ストレスをためすぎないこと、

適度な運動をし日々心身とも健康に過ごせるように意識しながら生活することなどが

総合的な美肌対策には必要かと思われます。

これらを意識することで理想の赤ちゃん肌を目指しましょう。

和漢クレンジングの詳細は以下から見てみて下さい。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ