和漢クレンジングでお肌のはりを維持しませんか

和漢クレンジングを使えばお肌のはりを維持しやすくなります。

これは個人差はあるとはいえ、その成分を考えると

お肌のはりを維持させるのに十分なチカラを持っています。

(体感に個人差はさすがにあると思いますが、合成界面活性剤がないというのも1つのメリットです)

 

30代前半まではクレンジングなんてメイクが落ちれば何でもいいかな~と安易に考える傾向があります。

育児に追われていたこともあったりで自分の肌に真面目に向き合ってはいる余裕もありません。

だいたい肌の悩みを持ち始めるのが一つの区切りとして35歳位になった頃位です。

加齢を感じ始める年齢になっていたこともあり、

肌のハリが明らかになくなってきて、

肌質もそれまで肌の部分部分で油浮きしやすかった混合肌から、

全体的にかさかさとした乾燥肌になっていくのを実感しはじめます。

 

images (8)

 

時期同じくして

それまで愛用していたリーズナブルなメイクも落とせる洗顔料だとメイクの落ち以上に

肌に必要な皮脂までもはがされているような感じになり、

洗顔すると乾燥が激しく感じられるようになってきます。

 

このままではどんどん肌に必要な皮脂がはがれてしまい、

肌が老化とししまう!と焦りを感じはじめるのです。

近所のドラッグストアで美容部員さんに肌のカウンセリングをしてもらう機会がありました。

するとそれまでの間違った洗顔のせいで乾燥肌が進行していることが判明。

メイク汚れが常に肌に残り沈着し、

毛穴が広がって肌質が乱れていることも分かり

このままでは肌が危ないとその時にも実感。

 

それまで面倒臭がっていた洗顔ですが、クレンジングで丁寧にメイクを落とし、

それからしっかりと洗顔フォームで洗顔することが

年齢を感じ始めた肌にとってはメイクでよい商品を使うことよりもずっと重要なのです。

ちゃんとした方法でクレンジングを行い、その後のケアもする事で

乾燥肌も大分緩和されているように感じますが、

あの美容部員さんのアドバイス以降はリーズナブルなオールインワンゲルから

クレンジングならクレンジングの、洗顔なら洗顔のものを使うようになりました。

年齢を感じ始めた肌にはやはり日々の細かなケアが大事だということを実感しています。

 

クレンジングでは和漢クレンジングが肌のはりという部分でも体感していただけるのではないかと

感じます。

私自身がとにかく肌の変化を感じていますので、良かったらでいいので使って見てください。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ